ディスプレイドライバーの応答停止が頻発するからAMDドライバー表示ツールを使ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WS000099

先日、13インチ MacBook Pro Retina Mid 2014を購入してというものデスクトップの出番は格段に減りました。

もう何年も前に組んだ自作PCです。当時はバリバリだったのですが・・・

気がついたらWindowsのデスクトップを使わなくなっていた件 / ゼニナル

とはいうものの全く使わない訳にはいかないので、一応毎日電源を入れることにしているのですが、最近というかここ半年くらい様子がおかしい。

とりあえず、あちこち悪そうなのですが、ビデオカードのドライバーを更新してみることにした。

他にもHDDをSSDに変えるとかすれば速度が速くなって快適だぜ!とか思ったのですが、MacBook Proが有る現在、わざわざそこまでする事ないなあって思いました。

スポンサーリンク

ディスプレイドライバの応答停止と回復が頻発している

WS000092

こりゃ駄目だ・・・

で、私のPCのビデオカードってどの品番かなあと思ったのですが・・・

ビデオカードの品番が分からない!

もう何年も前に組んだPCなので、ビデオカードのはっきりした品番が分からない。

調べるのも面倒だなあーと思っていたら、こんなの有りました!

AMDドライバー表示ツールを使ってみる

WS000087

AMDドライバー表示ツールというのが有りました。リンクも貼っておきました。

どうやらこいつをダウンロードすれば自動的に、どのビデオカードを使っているか検出してくれてアップデートが有ればそのままダウンロードできるようです。

こりゃあ便利だわ!

早速ダウンロードしてみることに。

WS000088

実行します。

WS000089

ダウンロードが開始されました。

グラフィックスも出るというところに、私のビデオカードの品番が出ていますね。

Radeon HD 5XXXシリーズですね。

時代を感じさせますねー、その後に6XXXシリーズが出て7XXXシリーズが出て、今はなんか名前変わってますもんねー。

もう付いていけていないです。

WS000090

進めていきます。

WS000091

ダウンロードが終了して、AMD Catalystをインストールしろという事になりました。

最新の14.9です。

これが最新のディスプレイドライバーという事ですね。

よっしゃ、インストールしてみよう!

AMD Catalyst 14.9をインストールする

WS000093

先ほどの表示になってからInstallをクリックすると、このような画面に来ましたので次へ。

WS000094

インストールを選択しました。

WS000095

カスタムを選択してみようと思ったのですが、正直よく分からないので高速を選択して次へ。

なんかアプリがインストールされてしまうみたいですね。

WS000096

受諾します。

WS000097

AMD Catalystがインストールされ始めました。

これで私のPCは復活するのだろうか?

WS000098

インストールが終了しました。

これで、かなり古いバージョンから全く更新していなかった私のPCのディスプレイドライバーが更新されました。

まとめ

これで様子見をしてみようと思います。

数時間使ってみた感じでは今のところ大丈夫です。その位頻繁に停止してしまっていたんですよね。

もっと早く対応すればよかったのでしょうけども・・・

もし、ディスプレイドライバの応答停止と回復が頻発するようでしたら、このAMDドライバー表示ツールを使用してみるのも良いかもしれません。

今自分のPCのビデオカードが何か分からないという方には特にお勧めです。(自己責任で)

NVIDIAの製品を利用している方は、この方法ではいけませんが、AMDを使用している場合は利用できますね!

では、このあたりで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする