ANAカードの年会費を半額にする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ANAカードの年会費を高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、安くなれば安くなったほうが良いと思うのが人情というものです。

私は、ANA VISAゴールドカード(ANA VISAスーパーフライヤーズゴールドカード)を利用していて、年会費は16,200円なのですが、特に高いとは感じていません。それは年会費以上のメリットが有るからだと思っているのですが、もちろん安い方が良いに決まっています。

何も考えずにカードを使っていると、年会費はそのままかかってきますが、実は年会費を安くする方法が有ります。

三井住友VISAカードには年会費を無料にする方法なども有りますが、三井住友VISAカードの提携カード(ANAカードがこれにあたります。)も年会費を安くする事が出来ます。

スポンサーリンク

ANAカードの年会費を安くする方法

三井住友VISAカード

年会費って安くなるの?と思う方も居るかもしれませんが、繰り返しになりますが安くなります。しかも簡単に年会費は安くなりますので、これからANAカードを手に入れる方や、既に利用している方は試すべきでしょう。

マイ・ペイすリボに登録する

まずはマイ・ペイすリボという三井住友VISAカードの、リボ払いに登録します。これは会員ページのVpassから簡単に登録する事が出来ます。

実際には、リボ払いをしてしまうと手数料がかかるのですが、これを防ぐ為には例えばカードの限度額が100万円だとするとマイ・ペイすリボの限度額を50万円程度に設定していれば、50万円超えない限りはリボ払いの手数料はかかりませんので、安心して利用する事が出来ます。

全ての支払いをリボ払いにする訳ですが、実際には手数料を払わない様に出来ますし、普通に支払いすると同様になります。

年会費は実際に何円になるのか?

  通常

マイ・ペイすリボ

登録後

ANA(一般)

初年度年会費無料

二年目から税抜き2,000円

初年度年会費無料

二年目から税抜き1,025円

ANA VISA Suica

初年度年会費無料

二年目から税抜き2,000円

初年度年会費無料

二年目から税抜き751円

ANAワイドカード

税抜き7,250円

税抜き6,275円
ANAワイドゴールカード 

税抜き14,000円

税抜き10,500円
ANAスーパーフライヤーズカード 税抜き10,250円  税抜き9,275円 
ANAスーパーフライヤーズゴールドカード 税抜き15,000円 税抜き11,500円

このようになります。上に貼った画像は、私のANAスーパーフライヤーズゴールドカードの実際の年会費です。通常税抜き15,000円を請求されるのですが、マイ・ペイすリボ支払いにしているので、税抜き11,500円(税込み12,420円)の年会費の請求となっています。

マイ・ペイすリボの、最低お支払金額を高く設定しているので、今まで一度もリボ払いの手数料を払った事が有りません。

このようにマイ・ペイすリボを利用する事で、年会費を非常に安くする事が出来ます。

私は、これだけで4,000円程度安くなっています。

まとめ

ANAカードの年会費は意外と簡単に安くなるという事が、分かって頂けたと思います。

もしANAカードを使いたいけど、年会費がなーと思われている方には、今回の記事は参考になるのではないでしょうか。

私自身も、ANAカードを利用している上で、年会費が安くなっているというのは凄く嬉しいですし、非常に年会費の割引というサービスは良いと思います。

三井住友VISAカードのANAカード

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする