ANAダイヤモンド会員になるには?難易度は?その威力は?サービスはどうなの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ANAのダイヤモンド会員は、ANAのステータスを目指す人なら一度はなりたい憧れのサービスですね。私も過去に目指した時期も有ります。

ANAのプレミアムメンバーの中でも最上位のステータスで、ANAにマイレージ会員の頂点です。かなり憧れのステータスで空港では羨望の眼差しを受けるのではないでしょうか?

今回はANAのダイヤモンド会員になるには、どうしたら良いのかを説明してみます。

スポンサーリンク

ANAのダイヤモンド会員になるにはどうすれば良い?その難易度とは?

ANAプレミアムメンバー

まずは基本的な部分から抑えていきましょう。

ANAの上級会員(プレミアムメンバー)についてです。

上の画像のように、ANAのプレミアムメンバーは最上位のダイヤモンドサービス、プラチナサービス、ブロンズサービスとなっています。

今回はダイヤモンドサービスについて書いていくのですが、SFC(スーパーフライヤーズカード)取得の為の最低ラインはプラチナサービスですので、プラチナについてはまた書いてみたいと思っております。

ANAダイヤモンド会員になる為の最低条件

スクリーンショット 2014-12-22 8.47.00

ANAではプレミアムポイントを貯める事によってステータスを獲得出来ます。プレミアムポイントはANAや、提携航空会社の運行便に実際に搭乗する事でしか貯まる事の出来ないポイントです。

プレミアムポイントの計算方法については過去記事に書いておりますので見て頂くと分かりやすいです。

ANAのSFC修行をするならANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーションを使え!

このプレミアムポイントですが1月1日〜12月31日で計算されます。

という事は2016年にダイヤモンド会員を取得したい場合は、2016年1月1日から起算してプレミアムポイントを貯めていくというイメージですね。

ANAダイヤモンド会員になるには、最低で一年間で100,000プレミアムポイント(うちANAグループ便が50,000ポイント以上)を獲得しないといけません。

とにかくプレミアムポイントを貯めていく作業になります。これは中々に遠い道のりです。

100,000プレミアムポイントを貯めるには?難易度は高い?

正直、難易度は相当に高いと思います。100,000プレミアムポイントってそんなに簡単に貯まるものじゃないです。

もう効率よく貯めたいとか、そんな次元の話しではないと思うんですよね。

よく毎年ダイヤモンド会員を維持している人が居ると言いますが、これはもう会社で週に何度も飛行機に乗るような職業の人じゃないと難しいと思います。

毎年維持出来る人というのは、例えば国内線だと普通席でなく毎回プレミアムクラス、国際線だとエコノミーには乗らずに、必ずビジネスクラスに乗る様な方ではないでしょうか。

その位10万プレミアムポイントというのは、難しい事だと個人的には感じています。

それでも欲しいANAダイヤモンドのステータス

そこで修行という方法で、効率よく(本当に効率が良いかは疑問ですが)プレミアムポイントを貯めてしまう方法が有ります。

通常はSFCを取得する為に一年だけ頑張って、あとはスーパーフライヤーズカードが手に入れば最低限のサービスステータスが手に入りますから、そこでやめてしまう人が多いのです。私もこれです。

私自身、ダイヤモンド会員になった事が無いので、はっきりとは言えないですが過去のプラチナ取得の際の感じからいっても、ダイヤになるのは容易ではないし、持続するなんてとても無理だと感じましたね。

しかし、そこを乗り越えてダイヤモンド会員になれれば、プラチナ会員や平SFCには無い魅力が有るのも確かです。搭乗時の最優先搭乗や、ANAスイートラウンジなどはダイヤモンドメンバーだけの特別な特典です。

ですので、ダイヤモンド会員に楽になる方法というのは実質無い訳でして、ひたすら飛行機に乗るしかないんですよね。

しいて言えば国内線だと相当回数を乗らないと行けないので、国際線の長距離路線を年に何度も乗れば、ダイヤにグーンと近づきますね。

ANAダイヤモンド会員になると受ける事の出来るサービスとは? 

ここからはダイヤになると受けられるサービスについて見ていきましょう。

全部をあげてしまうと膨大な量になるので、ダイヤだけの特典や特別良いなあと感じるものをあげていきます。

フライトボーナスマイルが大幅にアップ

スクリーンショット 2014-12-22 11.41.00

ダイヤモンド会員は115%のフライトボーナスマイルを貰えます。

例えば、1000マイル貰える路線であれば、それとは別に1150マイル貰えるので合計2150マイルになりますね。

これは乗れば乗るほどマイルがガンガン貯まるでしょうね。

手荷物の優先取り扱い

スクリーンショット 2014-12-22 12.00.38

ダイヤモンド会員は最優先で荷物を受け取る事が出来ます。

特にANAグループ便では、FIRST CLASSと入ったプライオリティタグが付けられ、プラチナやSFC会員より上の優先タグを味わう事が出来ます。

これを付けている人を見かけると、『おお、あの人ダイヤか!』となりますね。

優先チェックインカウンターの利用が出来る

スクリーンショット 2014-12-22 12.06.48

優先チェックインカウンター自体はプラチナやSFCや、当日アップグレード希望の方も利用出来ます。

ANAのプレミアムチェックインカウンターはこんなに便利!

ANAのプレミアムクラスの当日アップグレードを狙う場合はプレミアムチェックインをどうぞ

ですが、SUITE CHECK-INを利用出来るのはダイヤモンド会員のみです。国際線では、ファーストクラス搭乗の方も利用出来ます。

ここでもワンランク上の体験が出来ます。

選択式の特典が貰える

ANAダイヤ 選択式特典

この選択式の特典はダイヤモンドメンバーだけの特典ですよね。プラチナメンバーには有りません。

どれも良いですが、私ならANA SKYコインコースか、IHG・ANA・ホテルズグループ宿泊・お食事コースを選びますね。

金額で言うとANA SKYコインコースは60000円分+機内販売用クーポン20000円もしくはSUITE LOUNGEご利用券

IHG・ANA・ホテルズグループ宿泊・お食事コースは40000円分+機内販売用クーポン20000円もしくはSUITE LOUNGEご利用券

ですね。どちらもかなり利用価値が有ると思いますね。

ANA SUITE LOUNGEを利用出来る

スクリーンショット 2014-12-22 12.27.41

スイートラウンジはダイヤモンド会員とファーストクラス利用者しか入れませんので、静かな雰囲気で飲食が可能です。(スイートラウンジ利用券でも利用が可能です。ヤフオクなどで購入するのも良いですね。)

明らかに、通常のANAラウンジとは格が違います。憧れのラウンジですね。

ANAダイヤモンド会員の威力は凄い

ここまで見て来てダイヤモンド会員の威力は、凄まじいと感じます。

当ブログではSFCの取得を応援していますが、ダイヤモンドメンバーはやはり別格という感じがしますね。

ダイヤモンドメンバーというのは、読んで字のごとくANAのプレミアムステータスの中でのダイヤモンドな訳ですね。

ですが、せっかくですからダイヤモンド会員を目指す方や、結果的にダイヤモンドに到達してしまいそうな方は、プラチナメンバーに到達した時点でスーパーフライヤーズカードも取得した方が絶対に良いと思います。これは間違いないでしょう。ずっとダイヤモンドメンバーやプラチナメンバーを維持出来るかどうかは誰にも分からないのですから。

クレジット、ANAマイレージ、Suicaの3機能が1枚に!ANA VISA Suicaカード

【2016年版】ANA VISAワイドゴールドカードを徹底的に検証してみる
先日更新した【2016年版】ANA VISAカードを徹底的に検証してみるに続いて、今回はANA VISAワイドゴールドカードを検証してみます...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする