ANAのダイヤモンド会員って凄いの?条件や特典は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログでは、私が大のANA好きという事から度々ANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)について触れているのですが、私のブログに訪問されている方はANAのダイヤモンドメンバーの威力というのを知りたがっているようです。

ANAのダイヤモンドメンバーと言えば、ただでさえ到達しにくいプラチナメンバーよりも上のステータスです。様々な特典が有るANAの頂点の上級資格と言って良いでしょう。

という訳で、今回はANAのダイヤモンド会員の威力について詳しく解説していきましょう!

スポンサーリンク

ANAダイヤモンド会員とは?

ANAダイヤモンド会員

ANAの最上級のステータスですね。ちなみに私は取得した事は有りません。私は、プラチナメンバーまでしかいく事が出来ませんでした。出来ればダイヤモンドまで取得したかったのですがこればかりは時間とお金のかかる事ですので・・・

そこで私は、プラチナメンバーまで取得する事でSFC(スーパーフライヤーズカード)を取得しました。SFCを取得するには最低でもプラチナ会員になることが必須ですので、私はそこまでを達成したのですが、ダイヤモンド会員になると当然SFCに入会出来る権利が与えられるのです。

ダイヤモンドメンバーを目指すとしても、SFCは所有しておくと間違いなく便利ですので取得しておくべきです。その場合には先にANAカードを作っておく事が大事です。

ANAファンの私が言う!ANAカードは絶対持っておくべし!

ANAダイヤモンド会員になるにはどうすれば良いの?

ダイヤモンドメンバーになるには、年間に100000プレミアムポイントを獲得しないとなりません。例えば2016年でしたら2016年1月1日から12月31日までの期間ですね。

100000プレミアムポイントの内50000ポイント以上はANAグループ運行便で獲得しないといけませんので、スタアラ系列の海外の航空会社への搭乗のみでは取得出来ません。必ず50000プレミアムポイントはANAグループ運行便で獲得する必要が有ります。

残りのポイントは、スターアライアンス加盟航空会社に搭乗する事で獲得しても大丈夫です。

これが結構厄介で、海外出張などが多いからダイヤモンドメンバーになれそうって思っていても、ANAグループ運行便でない航空会社ばかりで出張が行っているとプラチナ程度まではいけるかもしれませんが、ダイヤモンドを取得するのは難しいでしょう。

ANAダイヤモンド会員の特典、そしてその威力とは

ANA SUITE LOUNGE

そこで本題のダイヤモンドメンバーの特典ですが、これは確かに凄いです。他のステータスとは別格です。

特典が多数有りすぎるので、私が良いなあと感じるものに絞って紹介します。

ANA SUITE LOUNGEを利用する事が出来る

私は実はスイートラウンジには入った事が無いのですけど、私が普段利用しているANAラウンジの更に上のスイートラウンジが使えます。

高級感など普通のANAラウンジより全然上なのでしょうね。うーん、入ってみたいですねー。

このスイートラウンジは全ANAファンの憧れです。成田国際空港、羽田空港、那覇空港、伊丹空港にスイートラウンジは有ります。ダイヤモンドメンバーは、混み合うANAラウンジを避けてスイートラウンジを利用する事が可能です。

機内への優先搭乗が他のステータスよりも優先される!

以前はダイヤモンド会員、プラチナ会員、SFC会員、プレミアムクラス、スターアライアンスゴールドメンバーの方は全てひとまとめで優先搭乗でした。つまりダイヤモンドメンバーでも、プラチナでも一緒だという事でした。

現在はというと

ANAダイヤ優先搭乗

2014年11月1日より国内線全路線でダイヤモンドメンバーは優先搭乗になりました。

以前は、伊丹-羽田路線のみで最優先されるだけだったんですが、変更になりました。

ANAダイヤモンド会員優先搭乗

これは当然と言えば当然ですね。最上位のダイヤモンド会員が他のステータスと一緒に優先ってちょっとおかしかったですもんね・・・

これは正当な改善といった感じで非常に良い事だと思います。ちなみに国際線は全てダイヤモンド会員が最優先で搭乗出来ます。

追記:国内線空席待ちもダイヤモンド会員が最優先される様になりました。

ANAの空席待ちの優先順位が変更!ダイヤモンド会員が一番優先に!

フライトボーナスマイルが多い 

やはりマイルが速く貯まるのは嬉しい事です。特に搭乗に対して付与されるフライトボーナスマイルが多いのは魅力的です。

SFC会員にもフライトボーナスマイルは有りますが、ダイヤモンド会員の爆発力は更に凄い!

フライトボーナスマイル

ANAダイヤモンドメンバーの、ステイタス1年目の115%のボーナスマイルって凄いですよ!

1000マイル取得出来る路線なら単純に1150マイルがボーナスで付与されますから、合計2150マイルが付与されるという事です。(利用運賃等によって変わります。単純計算です。)

そりゃあダイヤの人はマイルが貯まるのも速いですよー。更にステイタスを継続していくと、付与率が増えていきます。2年以上だと125%とか、もう凄すぎます・・・更にANAカードを持っていると付与率が増えて130%までUPします。

ANAダイヤモンド会員のデメリット

ここまで少しでは有りますがダイヤ会員の凄さやメリットを書いてきたのですが、デメリットも有ります。

それは・・・

1年限りのサービスだという事です!

そうです、このダイヤモンド会員の資格というのは永続する訳ではないんですね。基本的には事前サービスの機関を除いては1年間だけの資格です。

ダイヤモンド事前サービスというのは、以下の様なサービスです。

ダイヤモンド事前サービス

詳しく書くと、例えば6月時点で10万プレミアムポイントを獲得すると7月から翌年の3月末まではダイヤモンド事前サービスとなります。そして翌年4月から翌々年の3月31日までが大門度サービスとなるのです。

これを利用すれば、実質1年以上ダイヤモンド会員でいられるのですが、結局はまた10万プレミアムポイントを獲得し続けない限り平会員に逆戻りしてしまいます。

そこで対策としてのSFC(スーパーフライヤーズカード)

結局、ダイヤモンド会員になってもプラチナ会員になってもいつかは陥落する日が来ます。(陥落しない方も居ますが)

そこで、ダイヤやプラチナほどのサービスがある訳ではないですが、スターアライアンスゴールドのステータスも保持出来て、様々な優遇を受ける事の出来るスーパーフライヤーズカード会員になっておく事をオススメしております。

ダイヤやプラチナのステータスが有る時しかSFCには申し込みが出来ないので、あらかじめ必ずANAカードを取得した上でSFCに申請しておきましょう。SFCかなり良いですよー。

しかしダイヤモンド会員の威力は、あらためて見てみるとやっぱり凄いですね。

ショッピングやお食事利用で貯まったポイントをANAマイレージに移行可能♪

SFC関連の過去記事も参考になると思いますのでどうぞ。

ANAのSFC修行で海外乗継割引スペシャルを利用する時の予約方法

ANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)修行は2015年どうなる?

ANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)修行は2015年どうなる?その2

ANAも加盟しているスターアライアンスのゴールドステータスになるには?

ANAのSFC修行をするならANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーションを使え!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする