ANAダイナースカードのメリット・デメリットを紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ANAマイラーがANAカードの申込みを検討する時に一番気になるのが、マイルがどの位貯まるのかという事ではないでしょうか?マイルの貯まり方って凄く重要ですし、ANAカードを所有する楽しみにも繋がります。

様々なANAカードを比較してみると、それぞれにメリットやデメリットが有ります。

その中でも今回はANAダイナースカードに焦点をあてて紹介してみようと思います。ANAダイナースカードを他のANAカードと比較してのメリットやデメリットはどのようなものなのかという事に詳しく触れていきます。

スポンサーリンク

ANAダイナースカードのメリットは?どんな特徴のカードなの?

ANAダイナースクラブカード

ANAダイナースカードは、三井住友信託銀行が発行するダイナースクラブカードのANAとの提携カードです。

非常に渋いカードフェイスで、ただ者ではないなと感じますが、やはりダイナースクラブのブランド力がそうさせているのでしょうね。

早速詳しくカードの詳細を見ていきましょう。

ANAダイナースカードの年会費

  年会費
本会員 27,000円(税抜き)
家族会員 6,000円(税抜き)

ANAダイナースカードの年会費は27,000円(税抜き)です。ANAとの提携カードではないダイナースクラブカードが、22,000円(税抜き)ですのでANAと提携している分年会費が上乗せされている感じです。

家族会員は6,000円(税抜き)です。

ダイナースクラブカードは、そのブランド力の高さから年会費もそれなりの金額です。ANAとの提携カードであっても同様ですね。

ANAダイナースカードの特典

ANAダイナースカードには驚くほど多くの特典が有ります。その全てをここに紹介していきます。

ご入会・ご継続でボーナスマイルが貰える

ANAダイナースカードに入会するとボーナスマイルを貰う事が出来ます。ご入会時のボーナスマイルは2,000マイルです。2,000マイル貯めるのも、なかなか大変なので非常に嬉しいですね。

また毎年の継続でも2,000マイルを貰う事が出来ます。

ANAグループ便などへの搭乗でボーナスマイルが貰える

ANAグループ便に搭乗する度に、区間基本マイレージの25%をボーナスマイルとして付与してもらえます。

詳しくは、区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率の25%となります。このボーナスマイルが意外とANAグループ便に搭乗していると貯まっていきます。

ANAグループ便への搭乗だけではなく、スターアライアンス加盟航空会社への搭乗でもボーナスマイルは貰えます。

カードを利用する事で貯まるポイント

ANAダイナースカードを利用する事でポイントが付与されます。100円利用ごとに1ダイナース リワードポイント(1マイル相当)が貯まります。普段の生活でANAダイナースカードを利用すれば、どんどんポイントを貯める事が出来ます。

更にANAカードマイルプラス加盟店での利用で、100円または200円利用につき1マイルが、別に付与されます。

ANAカードマイルプラス加盟店には以下の様なものが有ります。

100円=1マイル
  • ANA、ANAグループ
  • ANA機内販売
  • 東京MKタクシー
  • 形成スカイライナー
  • イツモパーキング新千歳空港店
  • 羽田空港駐車場 8PARKING
  • 成田、羽田間のエアポートリムジン
  • サンパーキング(羽田、成田空港)
  • セントラルパーキング成田
  • 新千歳、熊本、仙台、羽田、伊丹、広島、高松、高知龍馬、松山、長崎空港の駐車場(空港運営の駐車場)
  • マイルが貯まるANAの@レンタカー
  • タイムズ カー レンタル
  • トヨタレンタカー
  • 日産レンタカー
  • イモトのWi-Fi
  • グローバルWi-Fi
  • イトーヨーカドーネット通販
  • 爽快ドラッグ
  • マツモトキヨシ
  • JX日鉱日石エネルギー(ENEOS)
  • エクセル航空
  • アクティビティジャパン
  • 沖縄ダイビングショップマリーンダイレクト
  • キッザニア
  • じゃらん遊び・体験予約
  • FUJIFILMネットプリントサービス
  • ぽけかる倶楽部
  • ユナイテッド・シネマ
  • 秋田空港お土産広場「あ・えーる」
  • イーエックス
  • エノテカ・オンライン
  • オーダーチーズドットコム
  • Letao(ルタオ)
  • カゴメ健康直送便
  • ギフトランド
  • 京都・宇治 伊藤久右衛門
  • キリンオンラインショップ DRINX
  • 久原本家
  • くまぽんbyGMO
  • Groupon
  • 神戸フランツ
  • ストロベリーコーンズ
  • ドミノ・ピザ
  • 築地市場.com
  • ダイエーネットショッピング
  • ナポリの窯
  • ニチレイフーズダイレクト
  • ピザハットオンライン
  • ふくや
  • My Wine CLUB
  • 47CLUB
  • RaCoupon
  • イトキンオンラインストア
  • アメリカンイーグル オンラインストア
  • アイルミネ
  • エル・ショップ
  • オンワード・クローゼット
  • GAPオンラインショップ
  • クロックス オンラインショップ
  • GUNZE オンラインストア
  • サンヨー アイストア
  • ジャドール ジュン オンライン
  • Smart Labo オンラインストア
  • セオリー公式通販サイト
  • セシールオンラインショップ
  • d fashion
  • バーニーズニューヨーク オンラインストア
  • 藤巻百貨店
  • PLST 公式通販サイト
  • ブランドリ
  • BrooksBrothrs オンラインショップ
  • ベルーナ
  • ボンヌ
  • マルイウェブチャネル
  • HUMOR
  • RAGTAG Online
  • ラルフローレン
  • リーバイス・オフィシャル・オンラインストア
  • ワールド オンライン
  • ワコールウェブストア
  • AOKI公式オンラインショップ
  • NYオンライン
  • L.L.Bean
  • エルブレスオンラインストア
  • コナカ オンラインショップ
  • 紳士服コナカ
  • 紳士服のフタタ
  • SUIT SELECT
  • SMART CLOTHING
  • ティンバー公式通販
  • 洋服の青山 オンラインストア
  • ランズエンド
  • レナウンショッピングサイト
  • ANTEPRIMAオンラインストア
  • IMAGEnet
  • ASOS(エイソス)
  • エンジェリーベ
  • オットー・オンラインショップ
  • Kate Spade new york
  • Sakd Fifth Avenue
  • DHCオンラインショップ
  • ドゥクラッセ
  • ファビア・オンラインショップ
  • FELLISIMO
  • Lane Bryant
  • ローラ アシュレイ オンラインショップ
  • 赤すぐnet
  • たまひよSHOP
  • ナルミヤ・インターナショナル
  • ファミリア
  • ミキハウス・オンラインショップ
  • アグ(UGG)オンラインショップ
  • グッチ公式オンラインショップ
  • コーチ公式オンラインストア
  • コンタクトのアイシティ
  • サムソナイト
  • JINS(ジンズ)
  • Zoff(ゾフ)オンラインショップ
  • Tabio
  • 土屋鞄製造所
  • トラベラーストア
  • ハートマン
  • ハンティング・ワールド
  • FLIGHT 001
  • 宝石専門店 ミワ
  • リモワ
  • レンズアップル
  • レンズモード
  • LOCONDO.jp
  • アーロンチェアの庄文堂ネクスト
  • アイリスプラザインターネットショッピング
  • アマダナ オンラインストア
  • All About スタイルストア
  • ザ・コンランショップ オンラインストア
  • テンピュール公式オンラインストア
  • MoMAstore
  • ル・クルーゼ 公式オンラインショップ
  • LUXA(ルクサ)
  • LOHACO(ロハコ)
  • ロフトネットストア
  • SpinNet
  • 東京ガスリックリビング
  • ユアーズ・コーポレーション
  • ANA DUTY FREE SHOP
  • 三洋堂
  • らくらく帰国(JTB商事)
  • レッドホースコーポレーション株式会社
  • アンジュ保育園
  • 羽田空港ペットホテル
  • スターバックス
  • 小田急百貨店オンラインショッピング
  • ギャラリーラファイエット パリ・オスマン
  • 西部そごうのe.デパート
  • 大丸・松阪屋通信販売
  • 東急百貨店ネットショッピング
  • 阪急百貨店、阪神百貨店
  • 沖縄アウトレットモール あしびなー
  • ANAショッピンス A-style
  • 家庭画報ショッピングサロン
  • ショップジャパン
  • CONCENT(コンセント)
  • ディノスオンラインショップ
  • ニッセン
  • ネットプライス
  • ひかりTVショッピング
  • 婦人画報のおかいもの
  • ベルメゾンネット
  • iTunes Store
  • HMV ONLINE
  • セブンネットショッピング
  • TOWER RECORDS ONLINE
  • デアゴスティーニ・ジャパン
  • ネットオフ
  • 楽天ブックス
  • キューサイ公式通販ショップ
  • 味の素KK 健康基盤食品
  • サンスターオンラインショップ
  • サントリーウェルネスオンライン
  • @cosme shopping
  • アテニアオンラインショップ
  • アラミス ラボシリーズ 公式ショップ
  • アルマード公式オンラインショップ
  • イプサ公式オンラインショップ
  • エスティローダー公式オンラインショップ
  • オルビス
  • クリニーク公式オンラインショップ
  • コスメデネット
  • ジュリーク公式サイト
  • 鈴木ハーブ研究所
  • たかの友梨ビューティクリニック
  • タカミ 公式オンラインショップ
  • DHCオンラインショップ
  • ハーバー
  • ファンケルオンライン
  • マキアレイベル
  • M・A・Cオンライン 公式サイト
  • マリアンナオンラインショッピング
  • ヤーマンダイレクト
  • 山田養蜂場

このような対象店舗でANAカードを利用すると、クレジットカードとポイントとは別に、100円につき1マイルまたは200円につき1マイルが自動的にANAマイレージクラブのマイルに積算される様になっております。

ここでは100円の利用で1マイル貯まる店舗を記載しましたが、他にも200円で1マイルが貯まる店舗も多く有ります。紹介しきれませんので、今回は100円=1マイルのみ記載しました。

Edyのチャージでマイルが貯まる

ANAダイナースカードの魅力はなんといってもEdyへのチャージでマイルが貯まる事ではないでしょうか。

全国のコンビニなどで利用出来る楽天Edyへのチャージに、ANAダイナースカードを利用すればチャージするだけで200円につき1マイルが自動的に積算されます。

楽天Edyを頻繁に利用する方にとっては、チャージするだけでもマイルが貯まりますし、またEdyを利用してお支払いをした分にもマイルが貯まるので、マイルの2重取りが可能になります。

旅行付帯保険が手厚いのも魅力

海外旅行保険

死亡・後遺傷害:最高1億円

自動付帯分:5000万円

利用付帯分:5000万円

国内旅行傷害保険

死亡・後遺傷害:最高1億円

自動付帯分:5000万円

利用付帯分:5000万円

ANAダイナースカードでは、死亡、後遺傷害の保障がかなり手厚いです。カードを持っているだけで保障を受けられる自動付帯分で5000万円、ANAダイナースカードで旅行代金等を支払いしている分の利用付帯分と合わせると最高1億円もの保障を受ける事が出来ます。

その他の保障に関しては以下の様になります。

海外旅行の場合(自動付帯)

傷害治療費用

300万円

疫病治療費用 300万円
賠償責任 1億円
携行品損害 50万円
救援者費用 300万円

国内旅行の場合(利用付帯)

入院 日額5000円
手術 5万、10万、20万円
通院 日額3000円

海外旅行で万一の事が有っても、保険を利用出来ますので安心です。特に傷害治療費用は重要で海外で怪我などをして病院に行くと日本の健康保険などは利用出来ませんので、思わぬ大金を請求される事も有ります。そのような場合には、クレジットカードの付帯保険が大活躍してくれます。

海外旅行に行く場合には、最低でも何かのクレジットカードを所有しておく事が大事でしょう。

注意しないといけない点として、利用付帯分というのは、公共交通機関をANAダイナースカードで支払いした場合のみ付帯されます。これには、航空機、電車、バス、タクシーなどの料金をANAダイナースカードで支払う事が付帯の条件となります。ここに含まれないのは、高速道路代金や駐車場代金、レンタカー代金等などです。あくまで公共交通機関を利用した分が、地用付帯分としてカウントされます。

国内旅行時の、入院、手術、通院は利用付帯分になりますので、なるべく国内旅行時にANAダイナースカードを公共交通機関で最低1度は利用する様にしましょう。

ANAダイナースカード会員はANA SKY コインへの交換もお得

ANAダイナースカードを利用する事で貯まる、ダイナースクラブ リワードポイントをマイルに交換する事も可能ですが、ANA SKY コインに交換する事も出来ます。

ANA SKY コインのメリットといえば、ANAの航空券を購入する際に利用出来ますし、マイルを利用しての特典航空券利用での搭乗と違い、マイルやプレミアムポイントを付与してもらえますので、ANAのプラチナ修行やSFC修行を行っている方にとっては、ANA SKY コインというのは非常に使い勝手が良いです。

ANAダイナースカードは、ANA SKY  コインへの交換レートが特別に高く、他のダイナースクラブカードでは1,000リワードポイントが400 ANA SKY コインになるのに対し、ANAダイナースカードだと1,200ANA SKY コインになります。実に3倍も他のダイナースクラブカードと違います。

まさにANAダイナースカードという、ANAとの提携の威力を発揮できるクレカでしょう。

デメリットは強いて言えば年会費の金額

ここまで見てきて良い事ばかりのANAダイナースクラブカードですが、デメリットが有るとすれば年会費の金額が、少々高いという事です。

通常のダイナースクラブカードと比較すると5000円程度高くなってしまいますし、いわゆる一般的なゴールドカードと比べても高いと言わざるを得ない部分が有ります。

しかしANAとの提携カードという強みが有りますので、ここまでに書いてきた様な様々な特典が有るのも確かです。

更に、ANAダイナースカードを利用していれば、更に上のANAダイナース プレミアムカードへのアップグレードの可能性も有ります。つまりブラックカードへの可能性が有るという事です。年会費の金額も一般的に考えると少々高めでは有りますが、プレミアムカードへのアップグレードを考えている方にとっては、27,000円(税抜き)の年会費はそう高いものでもありません。

年会費の元を十分取れるその他の特典

ここまで紹介してきたANAとの提携カードとしての魅力以外にもANAダイナースカードには素晴らしい特典が有ります。

例えば、世界中の空港ラウンジを利用出来るというのはダイナースクラブカードの非常に大きなメリットですが、もちろんANAダイナースクラブカードでもラウンジ利用が可能です。

他にも、空港から自宅まで無料で手荷物を運んでもらえるサービスや電話一本で旅行の手配が出来るサービスなど、さすがダイナースクラブといった特典も有ります。

通常では利用出来ない様な料亭を、ダイナースクラブが代わりに予約してくれる様なサービスも有ります。

ダイナースクラブは使いこなせば様々なメリットの有るクレジットカードです。普通のゴールドカードではいまいち物足りないという方をも、満足させるのがダイナースクラブのANAダイナースカードではないでしょうか。

ANAダイナースカード

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする