ANAが決済にスイカを導入?それって便利なの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、スイカ(Suica)を使った事が無いただの飛行機好きです。

普段電車にも乗らないし、田舎に住んでいるのでスイカを知りません。名前を聞いたことがある程度・・・

ANAがスイカでの支払いに対応したということで、気になったので調べてみました。

国内線全路線で2014年10月1日より利用可能になるという事です。

他にもPASMOなども使えるようになるようですね。

スポンサーリンク

スイカ(Suica)とは?

スイカ

まず私くらいになるとスイカを使ったことがないので、スイカって何ぞやって所から始めないといけません・・・

どうやら、スイカ(Suica)というのは電子マネーの一種でJR東日本が発行していて、『スイスイ行けるICカード』という事でスイカと呼ばれているらしい。

よし、これくらいで良いでしょう。

エディ(Edy)みたいなもんですよね?

今は楽天Edyですか。私が使っている唯一の電子マネーです。

では話を戻しましょう。

国内線機内販売に限り利用可能

私、素朴に思ったのですが機内で電子マネーを使っている人をあまり見ないのですが、スイカって結構使う人って居るんですかね?

例えば、ANA FESTAや機内販売で弁当や飲み物をANAカード(Edy支払い含む)で1000円以上買うと10%割引になるのですが(しかもEdy支払いだとマイルが2倍になるEdyマイルプラスになります)

ANAカード割引

ANA Edy マイルプラス

これは、ポイントや割引のおかげで、使用する人もかなり多いと思いますし、私もANA FESTAでは、ほぼ100%の確率でEdyで支払いをしています。

スイカの場合は、やはり利用している方が多いでしょうから、飛行機に乗るときもそれで払っちゃうというイメージなのかな?

まとめ

正直、あまりスイカに触れてない(というか全く)私には、ピンと来ないニュースでした。

しかし、電子マネーの普及は勢いを増しているでしょうし沢山の選択肢があるということはユーザビリティを高めますので、これは良い事なんでしょうね。

img via Suica ANA FESTA

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする