私の一押しのANAカードはやっぱりANA VISAカードです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで当ブログでは、ANA関連のエントリーを書いてきました。

主に、SFC取得に向けた記事が多いのですがクレジットカードに付いても、多く触れております。

そこで、私の一押しのANAカードって何?となると私も使っているANA VISAカードになってしまうんですよね。

スポンサーリンク

ANA VISAカードの良い所!世界中で使えるVISAブランドはやはり正義だ!

ANA VISA SFCカード

ANAカードやJALカードを選ぶ時に、迷うのがどのカードブランドにすれば良いのか?という事です。

ざっと思いつくだけでも、VISA、MASTER、AMEX、ダイナースクラブ、JCBなど多数有ります。

その中から、これから長い付き合いをしていくであろうクレジットカードを選ぶ訳ですから、慎重に考えてしまうのも無理は無い訳です。

私が、ANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)にVISAを選んだ理由は、やはり三井住友カードから発行されている事が一番大きかったのです。

というのも、以前から三井住友VISAカードを利用していた私は、審査に通りやすいのはないかと思ってANAカードのブランドもVISAを選んだのです。

結果的に大正解だったわけですが、その理由を書いてみます。

VISAブランドの信頼性は凄い

個人的には、同じANAカードの中ではANA JCBカードもオススメだと思うのですが、海外での利用ではJCBにVISAほどの信頼性が無いのが残念な所です。このように書くと語弊が有るようなのですが、まだまだJCBが利用出来ない店も多いですので、私のように中国での利用が多い場合は、VISAの方が信頼性が高いです。

ホテルなどでデポジットを払う際に、手持ちのお金を使うのが煩わしいなと思った時などはクレジットカードでデポジットを払うのですが、圧倒的にVISAは使える場所が多いのです。

ただANA JCBカードはEdyへのチャージでマイルが貯まりますから、国内利用メインの場合はANA JCBカードをお勧めします。

海外で決済する事が多い場合は、断然VISAカードを選択するのが正解だと思うんですよね。

もちろんアメックスや、ダイナースも良いとは思いますが、ローカルなホテルや店ではほとんど使えません。

日本でVISAと言えば三井住友カード!

完全に私のイメージですが・・・

VISAといったら三井住友、三井住友といえばVISAみたいな感覚なんですよね。

結論

今回は、個人的に利用しているANA VISAカードを誉め称えるような記事になってしまいましたが、良い物は良いです。

特に決済の面で、世界中どこに行っても使えるという事は一番大事な点です。

VISAブランドのカードは、絶対に一枚は持っていないといけないとさえ感じています。

もし一枚だけしかクレジットカードを持てないならば、ANA VISAカードを選択するでしょう。

これからも、ANA VISAスーパーフライヤーズカードとは長い付き合いになりそうです。

これからANAカードを契約する予定の方には、ANA VISAカードを大推薦しておきます。

ANAカード【年会費初年度無料★キャンぺーン実施中】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする