ANAスーパーフライヤーズカードの年会費が妥当か考えてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のダイナースクラブカードの年会費が妥当か考えてみるに続いてシリーズ化してしまいそうな、このネタですが書いてみます。

まずは、ANAスーパーフライヤーズカード(以後ANA SFC)について今回は、詳しく書いていきたいと思います。

まだANAのSFCって何?という方もこの記事を読む事によって大体分かると思いますので、お付き合い下さいね。

スポンサーリンク

ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)の年会費について!そもそもSFCになるには?

ANA787

まずSFCになるための条件ですが

  1. ANAマイレージクラブ会員であること。
  2. ANAプラチナサービス、ANAダイヤモンドサービスもしくはその2つの事前サービスを受けている事。
  3. ANAプラチナサービス、ANAダイヤモンドサービスのサービス中で有る事

この3点のうち2までが必須となります。最低条件と言っても良いかもしれません。

まずは、1ですがANAマイレージクラブ会員ではないと、2のプラチナサービスやダイヤモンドサービスを受けることが出来ませんので、そもそもANAマイレージクラブ会員であるというのが基本となります。

ANAプラチナ会員とは?

ANAによると

対象となるANAプレミアムポイント※1が年間(1月~12月)で、50,000プレミアムポイント以上、うちANAグループ便ご利用分が
25,000プレミアムポイント以上に到達した方に、翌年4月から1年間「プラチナサービス」をご提供いたします。
プレミアムポイントとは、毎年1月~12月の12カ月間(暦年)に、ANAグループ便およびスター アライアンス加盟航空会社運航便のご搭乗により
ANAマイレージクラブに積算された区間基本マイレージ、クラス・運賃倍率・路線倍率・搭乗ポイントをポイント換算し、マイルとは別に登録しているポイントです。

このようになっています。 要するに、ANAもしくはスターアライアンス加盟航空会社の運行する飛行機に沢山乗ってねという事です。

プレミアムポイントとは何?という方はANAプレミアムポイントを見てみてください。

私は、2012年にANAの搭乗のみで50.000プレミアムポイントを達成しまして、無事にSFCを取得しました。ざっくり1年間で50回以上は飛行機に乗りましたが・・・

ダイアモンド会員は、さらに上の100.000プレミアムポイントを獲得した場合になれるのですが、私自身取得したことも無いですし、SFCにはプラチナ会員でなれますので、今回は触れずにいきます。

ANA SFC(ANAスーパーフライヤーズカード)の特典とは?

一番重要な事です。特典が充実していなければ、ただのマイルが貯まるクレジットカードという事になってしまいます、そのようなカードは結構有りますからね。

特典は本当に沢山あるのですが、私の重視しているポイントをあげていきます。

  1. 優先チェックインカウンターが利用できる
  2. 手荷物の優先取り扱い
  3. ANAラウンジが利用できる
  4. 搭乗マイル付与のボーナスが有る
  5. 優先搭乗できる

私が考える、重要な特典はこの辺りだと思います。

優先チェックインは本当に便利!

ANA-747

1に関しては、本当に便利!通常のチェックインカウンターに、2,3人しか並んでない場合は良いですが、空港によると下手すると50人くらい並んでいる場合もあります。

そういう時にプレミアムチェックインで、すいすいーとチェックインできます。羽田空港だと、その後の保安検査場も、上級会員専用の検査場があり、これも利用できます。(保安検査場も結構並びますもんね。)

2に関しては、早く空港から出たいときや、待ち合わせしているとき、子供がグズっている時などに威力を発揮します。一番最初に預けた荷物が出てきますので、凄い便利です。

3に関して、これは、ANA上級会員専用のANAラウンジが使えます。ANAラウンジについては、今度詳しく書こうと思います。

4に関して、マイルが貯まるのが早くなりますね。結果、特典航空券が取得できるのが早くなるといった感じです。マイルについても、又詳しく書きたいです。

5に関しては、個人的にはそこまで重要視していないですが、最初に飛行機に乗れますので、混雑する前に席につけますね。

ANA SFCを取得する時のポイント

一点、SFCを取得するポイントとして、もし取得する気が有る場合は、あらかじめANAカードを作っておくということです。

これは、万が一のカードの審査落ちを避けるためで、安全策ともいえます。

スーパーフライヤーズカードの審査は厳しい?対策出来る?
今現在、スーパーフライヤーズカード(以下SFC)を手に入れたいと思っている方にとって気になるのは、審査の事でしょう。私も、実際にSFCを手に...

その際に、ANAワイドカード以上を取得しておいたほうが良いです。マイルも沢山貯まりますし、切り替えのときに便利です。

ANAのクレジットカードを持っていればANA SFCにする場合に、切り替えの手続きだけで良いですので、通常のクレジットカード取得の時のような審査は無いと一般的に言われております。

長くなりましたが、ANAのスーパーフライヤーズカードの年会費についてです。

ANA SFCの年会費は妥当なのか?

絶対に妥当です!!!

というよりも、通常のANAクレジットカードとあまり変わりません!

ANA SFC一覧

上の画像がANA SFCの年会費です。

通常のANAカード(ワイド以上)との差額は、たとえば、私の持っているANA VISAスーパーフライヤーズゴールドカードですと、税抜き14.000円と、税抜き15.000円ですので、ざっくり1000円程度の差ですので、まあ誤差程度でしょう!

プレミアムカードに関しては、少々年会費が高くなっておりますが、これはとりあえずスルーしておきましょう(笑)

まとめ

という訳で、ANAのスーパーフライヤーズカードは絶対おすすめなので、年会費は妥当というよりも安いくらいだと感じます。

普段飛行機に乗らない方でも、日常的にANAカードを利用していれば勝手にマイルは貯まっていきますので、マイルで旅行なんて事も可能になります。

スーパーフライヤーズカードを取得する為の修行関連記事はこちらからどうぞ。

ANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)修行は2015年どうなる?

ANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)修行は2015年どうなる?その2

ANAカード【年会費初年度無料★キャンぺーン実施中】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする