ANAが顧客関連事業の新会社「ANA X」を設立!今後のマイレージサービスの行方は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久々にANA関連の話題を取り上げますが、私は相変わらずスーパーフライヤーズ会員のまま、毎日を過ごしています。

いたって快適な、SFC生活ですが、ANAのマイレージ関連の話題が騒がしくなってきていますので、今回はANAの顧客関連事業の新会社「ANA X」についての感想や所感などを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ANAのマイレージ関連は今後どうなる!?ANA Xとは一体!

ANA X

今回の記事は妄想なども含むので、さらっと流して読んでくださいねー。

まずはANA Xについてですが、プレスリリースによるとANAの会員プログラムについての新会社という事です。顧客事業そして会員プログラムというのは、まさしくANAマイレージクラブの事ですね。

本体のANAで今まで行っていた業務を新会社のANA Xで請け負って行うという感じでしょうか。

詳しい情報は出ていませんが、わざわざ新会社を作ってまでANAマイレージクラブの業務を行うという事は、相当顧客の管理などに力を入れているという事は想像に容易いですよね。

今後ANAマイレージクラブに起こるかもしれない事を予想してみる

では今後、何がどう変わっていくのかという事を考えると、様々な考えが浮かぶのですが、勝手に妄想してしまいます。それは絶対にない!とか、的外れ!とか思われるかもしれませんが、完全に妄想なのでご容赦ください。

ANAダイヤモンドメンバーへの優遇が一層激しくなる!

結構現実的なのかなーと思ったのが、これです。既に優先搭乗や、ラウンジでは優遇されていますが、更に優遇されるかもしれませんね。

これは至極真っ当な事だと感じます、私自身はダイヤモンドメンバーではありませんが、ダイヤの方と他のステータスやSFCの方が同様というのは、いささか無理が有ると思うのです。

もちろんマイルの付与率や、プレゼントなどでも圧倒的にダイヤモンドメンバーは優遇されてはいるのですが、更に何かが起こる気がしています。

具体的には、何かは正直分からないのですけどもね・・・地方空港ではチェックインカウンターも他のステータスと同じ場所ですし、その辺りかなー、でもスペース的に無理だしなー。

一番怖いのはスーパーフライヤーズカード会員への改悪

結局は、ここを一番恐れているのですが、スーパーフライヤーズカード会員への改悪が来ないかというのが気になります。

現状、スーパーフライヤーズ会員はクレジットカードの年会費さえ払っていれば、優先搭乗や優先チェックイン、ラウンジの利用etcなど様々な優遇を受けることが出来ます。

関連:ANAスーパーフライヤーズカードの年会費が妥当か考えてみる

年会費自体も、通常のANAカードとそう変わらないですし、特別高いわけでもないので、はっきり言って持っておくに越した事はないです。

ただし審査基準(入会基準)として、最低でもプラチナメンバーに一度はならないといけないという事が多くのマイレージ会員にとっては難しいので、修行という事をして入会を目指すわけです。

関連:スーパーフライヤーズカードを取得したい方に捧ぐ!私がANA SFC修行した時の話

で、改悪なのですが、例えばですがプラチナではなく入会へのハードルがダイヤモンドの基準(10万プレミアムポイント)や8万プレミアムポイントになるのではないかと思うのです。

これは将来にわたって、修行したり出張などでスーパーフライヤーズカード会員を目指そうとしている方にとっては、非常に厳しい道のりとなりますよね。既存の会員は関係ないですが。早い段階で取得を目指している方は、取得した方が良いかもしれませんね。

関連:私の一押しのANAカードはやっぱりANA VISAカードです!

そして既存会員としては、何らかのサービスが削られるという事が考えられます、つまりクレジットカードの年会費を払っているだけでは、今後は優先搭乗できないよとかですね。そうなると、やっぱりプラチナステータスは欲しいと考えてJALに乗っていたところをANAに変更するとかいうマイレージ会員(SFC会員)も多いと思うんですよね。

今は年会費だけの負担で、プラチナには劣るもののかなりの恩恵を受けているのが、スーパーフライヤーズカード会員なので、改悪は正直恐ろしいですね。

改悪は当面無いことを祈ります

結論としては、何も現時点で分からないけど、スーパーフライヤーズカード会員の改悪はしないで欲しいと願うばかりです。

毎年しっかりとマイルを貯めてANAには搭乗しますし、仕事でも利用するので。どれか一つでもサービスが欠けてしまうと今までの快適性が失われてしまいますからね。

ANA Xがどのようなアナウンスを今後行うかは分からないのですが、心して情報を待ちたいですね。

関連:羽田空港の国内線ANAラウンジに行ってきました!国内最大級のANAラウンジの様子を紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする