ANKERの超頑丈なライトニングケーブル「PowerLine」を購入してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事で、ANKERのUSB急速充電器「PowerPort 4」を紹介したのですが、同時にANKERのライトニングケーブルも購入しました。同時に購入するとAmazonで20%引きになるというのが理由です。

同時購入したライトニングケーブルも、なかなか良い商品なので紹介してみようと思います。とにかく耐久性が抜群との事。

スポンサーリンク

ANKERのUSBライトニングケーブル「PowerLine」を購入してみた

powerLine

箱はこのような感じです。私は、0.9Mの商品を選択しました。他には、0.3Mと1.8Mと3Mが有ります。

ANKER ライトニングケーブル

箱を開けてみるとシンプルにケーブルと、説明書が出てきました。ケーブルには、ケーブルをまとめるマジックテープが付いています。

ANKER ライトニングケーブル

ケーブルをUPにしてみました。一見すると、iPhoneに付属している純正ライトニングケーブルとの違いがさほど分からない様な感じです。特に頑丈だという気もしませんが・・・

ケブラー構造で凄まじく頑丈

防弾のケブラー繊維に内部がなっているようで実際にはめちゃくちゃ頑丈らしいです。この繊維を採用したのはANKERのライトニングケーブルが初めてらしいです。

純正のケーブルと比較すると、一回りほどケーブルが太いので、やはり頑丈なのでしょうね。見た目では全く分からないのですが。

実際に、曲げたりしてみましたが非常にスムーズで純正よりも安心感は有ります。これで本当に長い間使えれば最高ですね。

MFI認証でOSのアップデートにも完全対応

ANKERのケーブルは、MFI認証を取得していますので、iOSのアップデートでケーブルが使えなくなるという事は有り得ません。これは保障されていますので安心ですね。

安物のケーブルを購入したけど、OSをアップデートしたら使えなくなってしまったという方は、これを買っておけば間違いないでしょうね。

一本は買っておいても良いと思うw

正直、このケーブルには対して期待しておりませんでしたが、実際に使ってみると何か良いです。充電の速度もケーブルのおかげか、ANKERのPowerPortのおかげか非常に高速です。

価格的にも、さほど高くないですし、ケブラー繊維とやらの耐久性も凄そうなので当分は安心して利用出来そうです。

ライトニングケーブルで消耗してしまっている方は、一本購入しておくと良いかもしれませんね。

ANKERの40W 4ポート USB急速充電器(ACアダプター)、PowerPort 4のレビュー
最近、ANKERの製品が大好きになってきています。先日購入した、モバイルバッテリーのPowerCore 20100も非常に調子良いですし、そ...
AnkerのPowerCore 20100を購入しました!デカいが容量はたっぷりです
以前から、愛用していたモバイルバッテリー「Cheero Power Plus 3 13400mAh」が2016年一発目の出張で壊れてしまいま...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする