中国では今年中にiPhone6/Plusは販売されないかもしれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなニュースが入ってきましたね。

9TO5Macによると、中国でのiPhone6/Plusの販売が遅れることになり、今年中には販売できないかもしれないとの事です。

スポンサーリンク

中国でのiPhone6販売における問題点

hongkong

photo credit: _Hadock_ via photopin cc

これはAppleが、中国の当局の承認をまだとれていない事から、販売を開始することができないのでしょう。

なかなか、中国の役人は面倒そうですもんねー。さすがのアップルでも一筋縄ではいかないようです。

しかも、その承認を取るためには来年まで待つ必要があるとの事。

アップルにとって打撃となる

中国は今やアップルにとっての一大市場ですから、これは大問題だよなー。中国では、かなりの割合でiPhoneを使用している人がいるし、実際にiPhoneの新作が出たら、給料を使い果たしてでも買うという若い子が多いんですよー。

アップルと中国政府との関係はあまり良くないようですね。

まあ、中国にとってはアップルの商品が、売れまくることは面白くないというのは容易に想像が出来ますが、それでも、ユーザーとしては来年まで待たないといけないのは少々キツイものがありますね。ちょっと可哀想な気もしますねー。

SIMフリーが売れるのでは?

こうなってくると、中国本土のお金を持っている人やなんかは当然香港に行って、SIMフリー版を購入し出すでしょう。それで、価格が高騰したり、品薄になったりするんでしょうねー。逆に日本のSIMフリー版を買う人も増えるかもです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする