中央森林公園に飛行機を見に行ってきた!広島空港は離発着が少ないが面白いですよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログで何度も言っているのですが、私は飛行機が大好きです。

乗るのも見るのも好きなのですが、特に離発着の様子を見るのが好きです。あんな重い物が宙に浮くというのはロマンに溢れていますよね。

たまに子供を連れて飛行機を見に行く事は私の楽しみの一つでも有るのですが、都会に住んでいる方を羨ましく思う事も有ります、伊丹や羽田は飛行機が頻繁に離発着しますからね。

今回は、そんな私が撮影してきた広島空港を離発着する航空機をご覧下さい。興味の無い方はそっとページを閉じて下さい(笑)

スポンサーリンク

広島空港近くの中央森林公園は子供を連れて行くには最適だが、航空機ファンにも最高だ!

中央森林公園2

さあ、中央森林公園にやってきました。ピクニック広場からは、広島空港の滑走路が丸見えです。ここから飛行機を見る事にします。子供を遊ばすには、このピクニック広場で遊ばす事が出来ます。でも今回は飛行機を見ましょう。

早速、ANAのボーイング787が着陸してきました。ANA677便、羽田空港からの便です。この787には過去何度か乗りました。今見ても、デビューの時の輝きを失っていない機体ですね。

中央森林公園

残念ながら、目の前まで来ずにターミナルの方に戻っていきます。出来れば目の前で見たいんですよね。

広島空港で見れるのはANAやJALがメインだけどAIR CHINAやCHINA AIRLINESも見れるよ 

お次はJALの機体が見れました。最初のANAの画像はMacで補正をかけたのですが、ここからは補正無しで画像を載せてみます。

JAL 広島空港 

JAL1607便です。この機体も羽田空港からの到着で着陸してきました。

機材は、ボーイング737-800ですね。ウィングレットが印象的です。

中央森林公園 ANA

今度は、ANA678便です。これは羽田に向かう便です。これから離陸するようです。

定刻では、JALの1607便よりもこちらの方が先に離陸するようでしたが、入れ違いになっていましたね。

中央森林公園 ANA 離陸

離陸しました。この離陸は目の前で見る事が出来るので、かなりの迫力です。

一眼レフならば、良い感じで撮影する事が出来ます。iPhone6 Plusだと撮影は出来ますが、なかなか迫力の有る写真は取れませんでした。

中央森林公園 ANA ボーイング787

これはよく撮れました。何度見ても787は良いですね。

広島空港の数少ない国際線機材を激写する

しばらくすると北京からのAIR CHINAのCA153便が着陸してきました。

AIR CHINA 広島空港

かなり機材が古く感じるのは気のせいでしょうか(笑)

AIR CHINAはANAと同じスターアライアンスに加盟していますよね。

ANAも加盟しているスターアライアンスのゴールドステータスになるには?
スターアライアンスといえば、世界中の航空アライアンスの中でも一番大きい航空連合です。 他にはJALが加盟するワンワールドや、スカイチームと...

この機材もボーイング737-800でしょうね。

広島空港 AIR CHINA

横から見るとこのような感じでしたね。これからAIR CHINAの航空機には頻繁に乗る事になるかもしれません、まあその話は又書いてみようと思います。

JAL 737-800

そうこうしていると、JAL1606便が飛び立っていきました。

羽田行きです。というか、広島空港を離発着する航空機はほとんどが羽田空港を行き来していますよね。地方の空港らしいですね。

CHINA AIRLINES 広島空港

最後はCHINA AIRLINESです。

台北行きのCI127便です。こちらも機材は737-800です。 こうしてみると、ボーイング737-800はかなり使用されていますね。

台湾は行ってみたい国ですが、まだ行った事無いんですよねー。

まとめ

私の下手な写真を見て頂きありがとうございました。

今回は、完全に私の趣味の投稿でしたね。でも、航空機好きな方には楽しんで頂けたかなあと思っております。

中央森林公園は、駐車場料金310円を支払えばこのように目の前で航空機の離発着が見れますし、子供と一緒に公園の遊具で遊ぶ事も出来るんですよ。

広島県に住んでいる方は一度は行ってみると良いと思います。

そして全国の航空機ファンの皆様にも、訪れてほしい場所でもありますね。

広島空港横の中央森林公園は飛行機を見ながら遊べる公園
先日、広島空港の近くに有る中央森林公園に家族で遊びに行ってきました。飛行機が近くで見える公園としても有名で、飛行機好きにはたまらない公園でも...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする