シティバンク銀行の個人向け部門の買収は三井住友銀行で決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日から何度か取り上げて来ていたこのニュース、ついに個人向け部門の売却先が三井住友銀行で決定したようです!

ただし個人向け部門だけの話しですので一番気になっているダイナースクラブカード等のクレジットカード部門の話しではありません・・・

スポンサーリンク

シティバンクの個人向け部門は三井住友銀行に売却される!買収金額は数百億円規模か?

medium_2407923056

photo credit: Daquella manera via photopin cc

遂に決定したのかという感じですが、先日から私はシティバンクの売却のニュースを注意して見ています。

シティのカード部門の売却先が三井住友になる?これからは三井住友ダイナース? / ゼニナル

シティバンクの個人向け業務の売却先は三井住友銀行でほぼ決定か / ゼニナル

ダイナース買収にJCBも参戦!三井住友とJCBの争いか?売却先はどこに? / ゼニナル

このようなニュースが今までに有りました。

最終的に個人部門は予想通り三井住友銀行になった!

米金融大手シティグループの日本法人「シティバンク銀行」の事業売却を巡り、三井住友銀行が個人向け部門を買収する見通しとなった。買収金額は数百億円とみられ、早ければ年内にも基本合意に達する見通しだ。 YOMIURI ONLINEより引用

これはもう決定ですね!

ただ、これはあくまで個人部門なんですよねー、いわゆる富裕層の顧客が多数居るシティバンクの個人部門これを獲得し、新たなビジネスチャンスを模索するという事ですね。

天下の三井住友がここを抑えると強そうですねー!!!

私は口座こそ三井住友銀行を利用してはいませんが、クレジットカードは三井住友ひいきなので注目しています。

クレジットカード部門はどうなる?ダイナースクラブの行方は?

一番気になっているダイナースクラブカードの行方、売却先についてはこれまでの報道通り、三井住友信託銀行が買収する可能性が高いようですね。

日本のリテール銀行事業と同時に、シティグループは「ダイナースクラブ」などのブランドを保有するシティカードジャパンの売却手続きも進めている。関係者によれば、現在三井住友トラスト・ホールディングス と交渉中だが、売却は来年に持ち越される公算がある。

複数の関係者によると、シティグループが別の売却先候補と交渉を始めたり、カード部門について再入札する予定は現時点ではない。6日付の日本経済新聞は新生銀行と三越伊勢丹ホールディングス、JCBの3社が共同でカード会社買収に乗り出し、年内にも本格的な交渉に入ると報じていた。 ブルームバーグより引用

JCBが参戦して来たので、どうなるか分からないと思っていましたが、既に入札している三井住友信託銀行がリードしているような印象を受けますね。

三井住友の大勝利か?買収後が気になる

このままいくと三井住友グループ系列がシティバンクの日本業務を手に入れるようになるかと思われますが、これが吉と出るのか凶と出るのかは、現段階では分かりません。

クレジットカード部門については、ダイナースブランドのステータスを守り続ける事が出来るのか?そもそもステータスなどほとんど無いのか?など議論されるとは思います。

そもそも三井住友銀行と三井住友信託銀行は独立した存在ですので、三井住友信託銀行がダイナースを買収したとして、どのようなサービスになるのでしょうか?三井住友銀行のクレジットカードは利用していますが、三井住友信託銀行のクレジットカード部門は知名度も低く、ちょっとイメージが湧きにくいのが本音ですねー。

そこを強化する為の、今回の買収かもしれませんが最終的に三井住友信託ダイナースクラブカードとかの名称になってしまうでしょうか?続報を待ちましょう。

クレジットカードの退会の方法って何気に分かりにくいよね / ゼニナル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする