デング熱が話題になっているがデング熱とはそもそも何なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日から、デング熱の感染のニュースが世間を騒がせていますが、デング熱って一体何なのだろうと思ったので、詳しく調べてみました。

感染も広がっているようで、しっかりと対策もしないといけないような気もしますね。

スポンサーリンク

デング熱について

蚊

photo credit: Martina Rathgens via photopin cc

デング熱とは

デングウイルスが感染しておこる急性の熱性感染症で、発熱、頭痛、筋肉 痛や皮膚の発疹などが主な症状です。

感染源は 

ウイルスに感染した患者を蚊が吸血すると、蚊の体内でウイルスが増殖し、 その蚊が他者を吸血することでウイルスが感染します(蚊媒介性)。ヒトか らヒトに直接感染するような病気ではありません。また、感染しても発症し ないことも多くみられます。

かかるとどうなるか

デング熱は、体内からウイルスが消失すると症状が消失する、予後は比較的良好な感染症です。しかし、希に患者の一部に出血症状を発症することがあり、その場合は適切な治療がなされないと、致死性の病気になります。

厚生労働省HPより引用

これは、蚊に気をつけないといけませんねー。人から人の感染は無いようですね。

しかし、この症状は風邪のような症状ですね、デング熱だと気がつかなさそうな気がするのですが・・・ただ、皮膚の発疹は通常のい風邪では出ないはずですので、出た場合はすぐに病院に行かないといけませんね。

予防接種は有るのか?

現状無いようですね。なので、蚊に気をつけるほか無さそうです。

感染源の蚊は何というの

ヒトスジシマカという種類で、ほとんど日本全国にいるようです。日中にヤブや木陰に行くときは、必ず長袖・長ズボンで行ったほうが良さそうです。出来れば、蚊が嫌がる製品を使う方が良いですね。

蚊取り線香もおススメ

ちょうど良い持ち運び方法を紹介しているツイートが有ったので紹介しておこう。

自分の身は自分で守ろう

これが基本だと思うので、しっかり対策をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする