レプリカジーンズのおすすめブランドを紹介!色落ちはどこのが良いの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は今30代なのですが、過去にアメカジブームや古着ブームというのが有りました。

最近またレプリカジーンズが熱いようです。

雑誌にも、リーバイスの501XXや通称66モデルなどが特集されヴィンテージデニムが流行になりましたね。

かくいう私もDenime(ドゥニーム)のデニムを購入したりして、ハマっていたりしたのですがやはり色落ちが良くて相当愛用していましたね。

しかしリーバイスのヴィンテージデニムは、やはり高価で当時は欲しくても購入出来ませんでした。

今でも勿論高価な事には違い有りませんので、国産のレプリカジーンズ(レプリカデニム)の購入を検討する訳ですが、魅力的な商品が有りすぎて選ぶのに困ってしまいますよね。

今回はレプリカジーンズの有名メーカーや商品を一挙に紹介してしまいます。

スポンサーリンク

人気のレプリカージーンズのブランドを紹介!色落ちや価格など比較!

Denime

日本国内には様々な国産のレプリカジーンズを作るブランドが有ります。

それぞれのブランドが品質や製法、生地にこだわってレプリカジーンズを作成しています

どのレプリカジーンズのブランドを選べば良いか分からないという方は、当記事が参考になると思います。

FULL COUNT(フルカウント)

(フルカウント) FULLCOUNT ワンウォッシュ済み 15.5oz オリジナルデニム 1953モデル 0105XX  32サイズ

超有名なフルカウント、履き心地の良いジンバブエコットンを使用したデニムはジーンズ好きには大人気です!レプリカジーンズの王道とも言えます。

フルカウントは何と言っても色落ちが良いんですよねー。結構履いている人見かけます。

後ろポケットのステッチですぐにフルカウントだと分かります。

実は私が今一番欲しいのはフルカウントのデニムなんですよね。

後はどのモデルを選ぶのかですが、今の所0105を選ぼうと思っています。15.5ozの生地が厚めのモデルも有るようなので、それを狙っています!

追記:実際に0105を1年ほど履いてみましたが、さすがの色落ちでした。しっかりとした縦落ちと濃淡がよく、愛用しています。

価格は少し高めですが、一生モノになりますね!

Denime(ドゥニーム)

(ドゥニーム)Denime 66 type ONE WASH 50110095  デニムインディ 33

(ドゥニーム)Denime 66 type ONE WASH 50110095 デニムインディ 33

(ドゥニーム)Denime XX 50100095  デニムノンウォッシ 36

(ドゥニーム)Denime XX 50100095 デニムノンウォッシ 36

ドゥニームも大人気のレプリカジーンズのブランドです。

どうやら数年前に運営会社が変わってしまったみたいで昔からのファンには若干残念がられているみたいですね。

私がDenimeのジーンズを購入したのはもう20年位前なのですが、その時は凄い人気でした。一番人気だったんじゃないかな?

今はちょっと当時よりは人気落ちちゃったみたいです。66モデルのタイプがお手頃価格で一番人気でしたね。

XXタイプも良いです。昔は相当良い色落ちすると人気でしたね。

その時とは少し変わってしまってはいますが、今でも根強い人気は有ります。

WAREHOUSE(ウェアハウス)

ウエアハウス WAREHOUSE 1001SXX 1001SXX REGULAR STRAIGHT 13.5oz サイズ36 インディゴ(ワンウォッシュ)

ウエアハウス WAREHOUSE 1001SXX 1001SXX REGULAR STRAIGHT 13.5oz サイズ36 インディゴ(ワンウォッシュ)

とにかくヴィンテージ感があると人気のウェアハウスのデニム。

かなり人気が有るみたいなのですが、ちょっと後ろポケットのステッチが私は苦手です。

ただ色落ちがかなり良いようで、一度履くとクセになるという方も多いです。

デニム、ジーンズ好きからの支持が非常に高いのがウエアハウスのレプリカジーンズです。

SUGER CANE(シュガーケーン)

(シュガーケーン)SUGAR CANE SC41947A レギュラーストレートスタンダードジーンズ ワンウォッシュ 31 ワンウォッシュ

(シュガーケーン)SUGAR CANE SC41947A レギュラーストレートスタンダードジーンズ ワンウォッシュ 31 ワンウォッシュ

レプリカデニムとしては手に入れ易い金額で大人気のシュガーケーンの41947です。

安いのに色落ちが良いというのが人気の理由みたいですね。これも一本は購入して試してみたいデニムであります。

STUDIO D’ARTIZAN(ステュディオ・ダ・ルチザン)

リーバイスではパッチに牛がジーンズを引っ張り合っている絵が書かれていますが、そこが豚になっているという斬新なパッチで有名なダ・ルチザン。ここのデニムの色落ちも有名ですね。

昔からの有名ブランドで安定感は抜群でしょうね、昔は履いている人多かったなあ。

今でも人気のレプリカデニムブランドです。

桃太郎ジーンズ

岡山県児島市はデニムの産地として有名です。

中でも桃太郎デニムは、根強いファンがいるブランドです。

色落ちが良いことでも知られ、人気のブランドです。

TCBジーンズ

同じく岡山県児島市の大人気レプリカデニムブランドが、TCBジーンズです。

66タイプと501XXタイプの2本がメインで、めちゃくちゃ渋い色落ちすると人気です。

もはや知る人ぞ知るというよりは、かなりメジャーでは?

まとめ 

多分、私はフルカウントの0105を選ぶと思うのですが、現在既に一本のデニムを育てています。

それはド定番のリーバイス501の現行モデルなのですが、赤耳はないし色落ちはあまり期待出来ないしという代物です。

しかしあえて現行の501を履いて、どの位良い色落ちになるのか挑戦しています。

楽天でよく売られているようなこういうやつですね。

未洗いの状態で購入して、一度最初に洗剤を入れずに選択して糊を落としてからは洗わずに履いています。

既にヒゲの元となる色落ちが若干ですが確認出来ます。まだまだ履き込まないといけませんが、良い色落ちをしないと言われる現行の501でどこまでいけるのでしょうか。

さらに並行してフルカウントの0105を履いています、やはり色落ちは現行の501とは比べ物になりません。フルカウントの圧勝です。

長年履くのであれば、やはり現行のリーバイスを購入するよりは、フルカウントなどのレプリカジーンズを購入するのが良いですね。

(フルカウント) FULLCOUNT ワンウォッシュ済み 15.5oz オリジナルデニム 1953モデル 0105XX  32サイズ

これから暖かくなって、デニムが大活躍する時期になりますが、お気に入りのレプリカデニムを一本見つけて履き込んで色落ちさせるのも楽しいと思いますよ。

おすすめの記事:会社を辞めたい!考えるのは良いけど実際に辞めるとどうなるのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする