Galaxy S7 edge用にSpigenのスリム・アーマーを購入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Galaxy S7 edgeを購入したという記事を書いたのですが、Galaxy S7 edgeのゴールドはやはり背面の加工が指紋が非常に目立つ素材ですので、ケースも購入しました。

今まで、ずっとiPhoneやNexus 6でもSpigen一択でケースを選択しておりましたので、今回もSpigenのケースにする事にしました。

今回選択したSpigenのケースは見た目や保護性能も重視しましたが、それ以外の部分も重視しました。その辺りも今回の記事で紹介していきます。

スポンサーリンク

Spigenのスリム・アーマーをGalaxy S7 edgeに装着!見た目や保護性能以上に大事なのは?

Spigen スリムアーマー Galaxy S7 edge

こちらがGalaxy S7 edge用のSpigenのスリム・アーマーです。このスリム・アーマーは、軍事規格を取得しているようです。詳しい事はよく分かりませんが、対衝撃性に優れているという事でしょうか。

スリム・アーマーは、TPUとポリカーボネートのハイブリット構造になっています。早速見てみましょう。

スリム・アーマー Galaxy S7 edge

箱から出した所です。Galaxy S7 edgeがゴールドですので、スリム・アーマーのカラーはシャンパン・ゴールドを選択しました。

スリム・アーマー Galaxy S7

TPU部分と、ポリカーボネート部分に分けてみました。先にTPU部分を本体に被せてから最後にTPU部分をパチッとはめる作りになっています。

この作りはiPhone用の、スリム・アーマーでも勿論共通ですが本体をしっかりと保護してくれるのでお気に入りのケースとなっております。

では実際に、Galaxy S7 edgeに装着してみます。

Galaxy S7 edgeにスリム・アーマーを実際に装着

Galaxy S7 edge スリム・アーマー

これが実際に装着した様子です。エッジ部分の微妙な所を、絶妙に保護しています。画像と文章では説明しにくいのですが、とにかく絶妙なのです。誤動作もかなり有ると言われているエッジスクリーンですが、スリム・アーマーのおかげで防げそうですね。

更にスリム・アーマーのTPU部分のフレームは液晶面よりも高くなっていますので、スマホを裏側にして置いても液晶面が地面に付く事は有りませんので、擦れや傷対策になり安心出来ますね。

スリム・アーマー Galaxy 背面

裏面です。Galaxy S7 edgeはカメラ部分が出っ張っているのですが、ケースを付けた事により全く出っ張りがなくなります。

これによりカメラ部分の保護に繋がり、カメラレンズの破損や汚れからも守る事が出来ますね。これはカメラ性能の高いGalaxy S7 edgeにとっては重要です。

裏面にはスタンドも付いていますので、机の上でスマホを立てて動画を見る事も可能です。ただ、このスタンドは結構安っぽいですので期待しすぎるのは良くないと思われます。

スリム・アーマーを購入した最大の理由はQiを使いたいからだった

iPhoneばかり使っていた頃には、全く気にもしなかったのがワイヤレス充電です。いわゆるQiと言われるものです。

Galaxy S7 edgeは、このQiに対応しておりますので、Qiの充電器を購入すればワイヤレス充電をする事が可能です。ワイヤレス充電のメリットとしては、USBポートを傷つけない痛めないので、いつまでもスマートフォンのUSBポートの端子等を綺麗なまま保てます。長年使ってくると、ここが駄目になって充電が安定しないというiPhoneユーザー多いですよね?

これがAndroidではQiに対応している機種では、ワイヤレス充電出来るという事ですので、今回Galaxy S7 edgeを購入したのと同時にQiデビューする事にしました。

Qiの記事は別で書いてみますが、一番重要なのはSpigenのスリム・アーマーとQiの組み合わせで問題なく利用出来るかという事です。

今回私が購入したQiの充電器はAnkerのPowerPort Qiです。非常に安い金額でワイヤレス充電が行えます。

Galaxy S7 edge Qi

画像に写っているのが、AnkerのPowerPort Qiです。Qi本体に、micro USBケーブルを繋いでアダプターに差し込む事でワイヤレス充電が可能です。

Qi ワイヤレス充電 Galaxy S7 edge

そしてスリム・アーマーを装着したGalaxy S7 edgeで充電してみると問題なく充電が可能でした!狙い通りでしたので、安心しましたが出来なかったらどうしようと少し思っていたので良かったです。

本当は、もう少しゴツいケースが欲しいと思っていたのですが、Qiを使うならスリム・アーマーかなあと思っていたので結果的にはOKです。

Qiも使いたいし本体を保護したいという欲張りな方はスリム・アーマーが良いかも

Spigenには非常に多くのGalaxy S7 edge用のケースがラインナップされています。

しかしQiも使えて、それなりの保護能力をと考えた結果、今回私はスリム・アーマーを選択しました。

Qiが間違いなく使えて、本体の保護も行いたい。デザインもカッコいいやつで・・・という方にはスリム・アーマーをオススメしますよ!その前にGalaxy S7 edgeは最高ですのでGalaxy S7 edgeも推しておきます。

SIMフリーのGalaxy S7 Edgeを購入したのでレビュー!最強のスマホとはこの事だ
Galaxy S7 edgeをEtoren.comで購入して、やっと実機が届きました。購入してから、およそ1週間で到着です。私は地方に住んで...
ETORENを利用してGalaxy S7 Edgeを購入しました!注文方法を紹介します
香港の、SIMフリースマートフォン専門店Etoren.comでGalaxy S7 Edgeを注文しました。以前から欲しくて、購入するかどうか...
Qiでワイヤレス充電を!Anker PowerPort Qiを購入した感想
先日、Galaxy S7 edgeを購入して快適に使用している管理人です。Galaxy S7 edgeでは、従来通りのmicroUSBでの充...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする