香港国際空港から広州東駅への行き方解説!エアポートエクスプレスから広州直通列車まで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香港国際空港に到着した私ですが、ここからは国境を越え中国の広州を目指します。

Peachの関空-香港線搭乗記!乗り心地は?機内サービスは?チェックインの方法は? / ゼニナル

これには色々な方法が有るようですが、私は無難なルートを選ぶ事にしました。

スポンサーリンク

香港国際空港で入国検査を受けてエアポートエクスプレスに乗り込む!そして広州東駅へ

DSC_2687

まず香港国差空港に到着したら、空港内を結ぶ自動運転の列車?に乗り込み入国検査を受けます。

DSC_2689

無事に入国検査を受けてゲートを出てくると、すぐ右側にエアポートエクスプレスのチケット売り場があります。

エアポートエクスプレスのチケットを購入!九龍駅経由で紅ハム駅を目指す!

DSC_2690

この窓口でチケットを購入します。

窓口では英語や中国語が通じます。多分日本語は通じないと思われます。

私は中国語が少し喋れますので、中国語と英語で購入できました。まあ、ここは簡単に購入できると思います。

DSC_2692

右側のチケットがエアポートエクスプレスのチケットです。

90香港ドルでした。結構高いですね。

ちなみにこの売り場では、クレジットカードが使えますのでまだ両替していない場合はクレジットカードを使うと便利です。

私はANAのSFCで決済しました。

ANAスーパーフライヤーズカードの年会費が妥当か考えてみる / ゼニナル

VISAやMASTER、AMEX、ダイナースクラブなど使えると思います。ちょっと写真を撮り忘れたのですが、間違いなくVISAとMASTERはいけると思います。

チケットを購入したら九龍へ!ちょっと待って!広州東駅行きの列車のチケットも空港で買えるよ!

DSC_2691

そのままエアポートエクスプレスに乗り込んで、紅ハムを目指すことも出来るのですが、紅ハム駅について広州東駅行きの列車の予約が取れずに購入が出来ないということも有り得ます。

中国では、基本的に列車の予約が必要で当日購入は席が売り切れていることが多いのです。

そこで空港の案内をしている人に、広州東までのチケットが空港で買えるか聞いてみると売っているとの事! 

A03の窓口に行けと指示されました。上の画像の中央右辺りの窓口です。

先ほどのエアポートエクスプレスのチケット売り場と同じ階に、A03の売り場もあります。空港のホールに出てくると、すぐに分かると思います。

香港中国旅行社という会社が、チケットを販売しているようですね。

この窓口に行き、広州東駅までの列車のチケットが欲しいと言うと手に入ります。これで安心して広州東駅までいけますね。

DSC_2706

ここで購入したチケットが上のチケットです。

190香港ドルでした。

この窓口ではクレジットカードは使えないようなので、香港ドルが必要になります。

九龍駅を目指す!エアポートエクスプレスは綺麗で快適 

DSC_2693

エアポートエクスプレスの乗り場は分かりやすいです。

大きく表示されているので、そちらに向かっていきます。この辺り、香港は優しい作りになっていますね。さすが先進国です。

DSC_2697

ここが乗り場です。早速、乗り込んでいきましょう。

DSC_2699

私は九龍を目指します。

終点の香港駅の上のifcモール内にはアップルストアが有ります。香港島を目指して行く方は終点まで行くと良いでしょう。

香港でSIMフリーiPhone6を買おうとしたけど予約してないから買えなかった件 / ゼニナル

DSC_2701

エアポートエクスプレス内の様子です。とても綺麗な電車ですね。

DSC_2704

窓からの風景です。

やはりマンションが凄まじい数建っています。

九龍駅に到着した!ここからは無料バスを使い紅ハム駅を目指す 

DSC_2707

九龍駅に着きました。

ここからは無料のバスが紅ハム駅まで出ています。

DSC_2709

上の画像のBを目指します。

DSC_2710

アップしてみました。BのAirport Express Shuttle Busというのに乗ります。

このバスはエアポートエクスプレスを利用した人が無料で、ホテルに向かったりするときに利用出来るもののようなのですが、エアポートエクスプレスを使用していなくても利用できるような感じがしました。

特にチケットを見せたりせずに乗り込むことが出来ます。この辺りは自己責任で利用して下さいねー。

DSC_2711

無料と書いてあります。ホテルを使う人は無料で使えるのかな?よく分かりません。

DSC_2713

乗り場に近づいてきました。私は紅ハム駅を目指すのでK1系統に乗れといわれました。

DSC_2714

とにかく指示通りに進んでいけばたどり着けます。

K1系統の乗り場まで来ました。早速バスに乗ります。

DSC_2715

紅ハム駅以外にも、各ホテルを回るようです。

DSC_2716

バスの内部はこんな感じです。大きさはマイクロバス程度といった感じです。

紅ハム駅に到着!ここからは広州東駅を目指すことに

DSC_2717

紅ハム駅に到着しました。

DSC_2719

直通電車は、まっすぐ行けば良いようですね。 

DSC_2721

紅ハム駅に入ってきました。

あれ?どっちに向かえば良いんだ?と思っていると看板がありました。

DSC_2722

どうやら香港を離れる場合は右に行けば良いみたいですね。

DSC_2726

チケット売り場ですが、出発口のすぐ横に有ります。

この上の画像ですと、中央奥の方ですね、近くで写真を取っておくのを忘れました。失敗です・・・

ここからは香港側のイミグレを通って出国することになります。

イミグレを抜けると待合室が有ります。ここでゆっくりと電車を待つことに

DSC_2729

イミグレを抜けてきました。結構時間がかかりますので、早めに来たほうが良さそうですね。

出発時刻の一時間前には来ておいたほうが良さそうです。

WS000120

ちなみにこれが香港紅ハム駅から広州東駅への電車の時刻表です。

KTTというのが特等席が有るタイプの電車みたいですね。

WS000119

逆に広州東駅からの時刻表が上のものです。(2014年12月現在)

広州東駅への直通列車に乗車!これで広州まで乗り換えなしで行けます

DSC_2732 

いよいよ乗車です。結構綺麗な車体でした。

DSC_2734

結構広い席で快適です。

このまま広州東駅を目指します。中国側のイミグレは広州東駅に有りますので、とりあえずは電車に乗っておけば大丈夫でした。

二時間ほどで香港から広州まで行けますので、周りに気を付けながら少し寝ていました。

広州東駅に到着しました

DSC_2735

無事に広州東駅に到着しました。

今回の記事はここまでです。

香港国際空港から、広州東駅まではあっさり行くことが出来ました。

万が一、当日の直通列車のチケットが売り切れていたらと考えると恐ろしい気もしますが、その場合は違う方法で広州を目指さないといけませんね。

それは、又次回試してみようと思います。

今回私が行ったルートは結構楽でしたが値段も結構かかりますね。今は円安ですから。

もし同じルートで行く方は参考にしてみてくださいねー。

逆に広州東駅から香港国際空港を目指す場合は、以下の記事が役に立ちます。

広州東駅から羅湖経由で香港国際空港に行く方法
以前香港から広州東駅に向かう方法を書きました。この時紹介した方法は、香港国際空港からエアポートエクスプレスを使い九龍まで行き、そこからバスで...

中国・香港・マカオ おすすめツアー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする