もうね目の不自由な方への暴行とか勘弁してくれよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も朝から腹が立っている@zeninarucomです。

ニュースを見ましてね、腹が立っています。

なんで、こんな卑怯な奴ばかりの世の中になっちゃったのかなー・・・

このエントリーは、少し感情的&長文になってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

全盲の女子に蹴りを入れる

事件

photo credit: Will Montague via photopin cc

埼玉県立の特別支援学校「塙保己一学園」(川越市)に通う全盲の女子生徒が、通学途中に何者かに足を蹴られ、全治3週間のけがをしていたことが10日、分かった。生徒の保護者は近く県警に被害届を出す。 時事ドットコムより

いやいや、やったやつ頭大丈夫か?

杖に引っかかったのが原因

要するにですね、杖に引っかかった犯人が、この女子生徒に腹を立て蹴りを入れたということらしいですね。

目が見えるのだから、気をつけて歩け!!!

私は、そう思うのです。歩きスマホとかしてて、ぶつかったとかだとホンマ許せませんよ。いや、むしろ普通に前を向いて歩いていたのであれば、杖を突いて歩いている女の子に気がつかないはずがない。それにも関わらず杖につまづいたのであれば、完全に犯人の落ち度だと思うのだが・・・

ついこの間も盲導犬への暴行が有ったばかりで、報道と共に話題になりましたが、このような事件が全国で結構起こっているのを感じずにいられません。

注意した方も居たようですが、犯人は逃げてしまったと・・・卑怯ですね。本当に卑怯です。

なぜ目の不自由な方に優しくできない社会なのか? 

事件2

photo credit: Nicolas Alejandro Street Photography via photopin cc

これは今の日本の状況というか色々な問題を含んでいると思います。

私は、この事件とは関係なしに世の中がギスギスしていると感じています。

大人たちに心の余裕が無くなり、自分より弱者に攻撃をする。このような図式になっていると思います。

特に感じるのは、子育て世代の父親や母親の方なら感じるであろう、子供への他の大人たちへの視線です。

ちょっと子供が騒いでいたら、刺すような視線を感じます。なぜ、優しく見守れないのでしょうか。これからの世の中を子供たちが支えていくんですよ。

しかも、中年女性などは特にひどいです。自分も子供を育ててきて大変なのを知っているにも関わらず、邪魔くさいような顔をしています。

目には目を歯には歯を

このような事ばかり、思いたくないですが、目には目を歯に歯をという古いことわざがあります。

このことわざには、色々な意見や解釈があるそうですが、やられたらやり返せと解釈されているようです。(人に悪いことをすると、同じような目に合いますよという解釈もあるそうです)

結局は、今のような世の中だと、このようにやられたからやり返そうという思考になってしまうと思うんですよね。

何が言いたいかと言うと

かなり、本題から外れてすみません。続けます。

先ほどの子供に対する目と、今回の視覚障害の女子生徒への目というのは、つまる所同じだと私は考えています。

それは、優しさが足りない。という事です。そして、その優しさが足りないことへの影響は、いつか返ってきますよと。

優しさを受けずに育った子供は、きっといつか大人が老いた時に悪いようにしてやろうと思うでしょうし、今回の被害者の女の子の心も傷つき、そして怨みが産まれるでしょう。

少なくとも、私ならそう感じるのです。私だったら怨むでしょう。

この世の中には、色々な人間が居て、色々な状況で生きています。でも、必死に生きている目の不自由な方に、わざわざここまでする必要が有ったのでしょうか?ぶつかる事すら分からないのに、どうすれば良いんですか?

ネットの意見

あきれるものが多いですが、参考までに。

『人がこけているのだから謝れ』

『目が見えないとか関係ない』

あきれますね・・・

こけたかどうか確かめれれれば、謝るでしょう。

目が見えないのが関係ないとか論外です。見えないから杖を持って歩いているんですよ。

このネット上での反応が、世の中を象徴していますよ。弱い者を叩く根性、理解できませんね。野々村議員を叩いているのと違うんですよ?

もちろん、犯人に対して怒っている人が多いのが現状です。それは当然でしょう。それが優しさでしょう。

偉そうに言うけどお前は?

私は、障害のある方を差別はしません、いや出来ません。なぜなら誰にも、いつでも、どのようにでもなる可能性が有るからです。だから自分がやられて嫌なことはしませんし、やろうとも考えません。もし、自分に障害があれば、やっぱり優しくしてほしいからです。

でも、情けないのは、何か手を貸してあげることが上手に出来ません、これは非常に私の未熟な所でもあります。気楽に声をかけて困っていることが有ればお手伝いをしてあげる事が出来るような人間になりたいです。

まとめ

非常に残念な気持ちになる、このニュース。解決方法は私には分からないですが、すべての人が、少しでも心に留めておかないといけないような事だと感じます。無関心が一番悪いといいます。関心を持ちましょうよ。

色々と書きましたが、私も少し混乱してしまいました。ここまで読んでくださった方が居ればありがとうございます。読みにくい文章で申し訳ありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする