中国の広州での楽しみ方!広州タワーに行ってみた!料金が高いことに驚いた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広州に到着した私は仕事を済ませて、少し街をぶらついてみました。

広州はやはり大都会です!一流ブランド店や、有名店なども多数有ります。

スポンサーリンク

広州タワーに行った!確かに大きいが微妙だった!

DSC_2741

広州に到着しました。

今回、私が拠点としたのは天河区です。まあ一言で言うと広州の中心部ですね。

外国人も多く、かなり盛り上がっている地域だと思いました。

DSC_2738

巨大なビルが立ち並びます。香港ほどではないにしろ、なかなか圧巻の高層ビル群でした。

天河区から地下鉄に乗ると、すぐそばに広州塔(広州タワー)が有りますので、ちょっと見に行ってきました。

広州タワーに到着 

DSC_2829

地下鉄が広州塔まで直接ありますので、行くのは簡単です。地下鉄の料金は数元ですので、便利で安いですねー。

DSC_2831

ここで広州タワーについてWikipediaを見てみます。

広州塔(こうしゅうとう)は、中国広東省広州市海珠区の赤崗塔近くの珠江南岸にある塔である。全高(尖塔高)600.0m、棟高(塔本体の地上高)454.0m。

2009年9月に竣工。2010年9月28日に一般公開が始まった。 Wikipediaより引用

このようになっておりまして、634メートルのスカイツリーよりは低いタワーという事になります。

全体を写真に収めるのが難しかったのですが・・・

DSC_2834

頑張ってこのように撮影してみました。

結構かっこいい形だと思います。

でもスカイツリーの方がかっこいいかな。

DSC_2833

時期的にクリスマスツリーもあちこちで見かけましたが、やはりここにも。記念撮影をしている人が結構いましたね。

DSC_2851

広州タワーに登るためのチケット売り場にやってきました。

ここで驚いたのが・・・

DSC_2838

この料金の高さです!

まともに一番高いところに上ろうとすると、228元ですから現在のレートだと4500円くらいかかってしまいます・・・

高い・・・絶対に上る気がしませんでした。安かったら上ろうと思ったけども。

DSC_2837

このように塔の説明が書いてあるのですが、料金の高さに引いてしまって、もうどうでも良くなりました。

ただ、この広州タワーが凄い所は、450メートルの位置に観覧車(横に進むタイプ)とフリーフォールがあるという事なんですよね。

私は、絶叫系は嫌いなので興味がないのですが・・・多分むちゃくちゃ恐ろしいと思います。

広州塔は観光客が少ない!そして料金が高いのでみんな上っていなかった! 

DSC_2842

日本人の私が違和感を感じたのが、スカイツリーが予約無しで当日行くと上れないほど人気が有るのにも関わらず、この広州タワーは同じくらいの高さなのに全然観光客が居ませんでした。

冗談抜きで100人くらいしか居ませんでした(笑)しかも料金が高いからか、みんな料金だけ見て引き返していっていたんですよね。

なんか近くに行って記念撮影をして、眺めるだけといった感じでした。

結構期待していったにも関わらず、私も30分もせずに帰ってしまいました・・・

正直安ければ上りたいのですが、まあ機会はこれからも有るだろうという事でやめておきました。中国の人たちにとっても、そんな感じなのでしょうか?

まとめ

広州タワーは確かに大きく立派なタワーですが、スカイツリーのように複合施設があるわけでもなく、正直つまらない場所という感じでした。

わざわざ観光でここを訪れるほどでもないなと感じてしまいましたね・・・

夜にはライトアップされて確かに綺麗でしたので、遠くから眺めるのが良いと思いました。

香港国際空港から広州東駅への行き方解説!エアポートエクスプレスから広州直通列車まで / ゼニナル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする