LCCは本当に安いのか?トータルで考えないと逆に高くなる事も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、LCCに乗りまくっている@zeninarucomです。

この半年間で10回程度LCCに乗ったのですが、必ずしもLCCが安いという訳ではないという事が分かりました。色々な条件を考えると、やはりANAやJALが良いなと思いますし、これからLCCで旅行に行こうと考えている方に、伝えたい事が有ります。

スポンサーリンク

LCCは本当に安い?よく考えないと逆に高くなる事も有ります!

LCC

まずLCCとは格安航空の事です。通常のフルサービスの航空会社に比べて、サービスを落とす事や機材を統一する事によってコストを安く抑えて、航空チケットの価格を安くしている航空会社ですね。

そして最近では、LCCを使う人が増えているので便数も確実に増えております。便利ですし、安いので当たり前といえば当たり前かもしれませんが、結構飛行機に乗り馴れている私でも落とし穴が有る事に気付きました。

預け手荷物は基本的に有料なので必ずインターネットから予約しよう

LCC 預け手荷物

運賃にもよりますが、Peach、Jetstar、香港エクスプレスなどは安い方の運賃を選ぶと預け手荷物は必ず有料となります。

ここで迷うのが、高い方の運賃との差額が結構有る事です。5,000円とかもっとかかる場合も有ります。これって結構迷うんですよねー。

しかし、安い方の運賃を選んだとしてもインターネットで予約する際に預け手荷物は選択しておいた方が良いです。理由は、当日空港のチェックインカウンターで預け手荷物を追加すると、やたら高い金額を請求されるからです。

香港エクスプレス預け手荷物料金

例えばこれは香港エクスプレスの預け手荷物をインターネットからチケットを取る際に選んだ場合の金額です。

20Kgで2,600円、25Kgでも3,200円、30Kgでしたら3,800円ですね。安くもないですが、まあ高くもないといった所です。

しかし、これを選択せずに当日にやっぱり手荷物預ける事になったとなると、この金額が・・・

香港エクスプレス当日預け手荷物

なんと、16Kg-20Kgで6,800円も取られてしまいます!

メチャクチャ高くなりますね!これは他のPeachなどでも同様に結構取られます。(経験済みです・・・)

これでは、せっかく安くチケットを取ったのが台無しになってしまいます・・・だって1万円程度のチケットがこの6,800円を支払うと2万円に近くなってしまいますもんね。

LCCの落とし穴はまだまだこれだけでは有りません・・・

機内での食事は有料だが、そもそも持ち込みが駄目な航空会社も

香港エクスプレス機内食

Peachについては不明なのですが(多分OK)、香港エクスプレスとJetstarは明確に飲み物や食べ物の持ち込みを禁止しています。

という事は、機内でお腹が減っている場合は食べ物や飲み物(アルコールも)購入する事になります。もちろんこれがLCCの儲け所にもなるはずでしょうから(預け手荷物なども)、安くはありません。片道1,000円程度使う事になるかもしれません。

香港エクスプレス機内食事

これは香港エクスプレスの機内で販売されている食事ですが、大体どれも日本円に換算すると1,000円前後していますね。(2015年6月現在)

そして持ち込みしているお客さんも結構居ますが、注意されています。コソコソと持ち込んだ食べ物を食べる中国人(香港人)もよく見かけますが、あそこまでするのは恥ずかしいので、素直に購入するとなると安くはないと感じます。その点、フルサービスの航空会社は国際線なら食事に飲み物、アルコールも無料ですから、この差は大きいですね。

かなり遅延が発生する場合が有ることも頭に入れておこう

日本パスポート

これもLCCならではかもしれませんが、飛行機の到着遅れなどもよく有ります。いきなり欠航になったというのは私はまだ経験しておりませんが遅れはよく有ります。

しかも驚いたのは、香港エクスプレスでチェックインした際に『本日、早発するかもしれませんのでお早めにゲートにお並び下さい。』みたいな事を言われた事です。遅れるならまだしも、予定時刻より早く出発するかもしれないって・・・有り得ない。今まで100回以上飛行機に乗っていますが、初めて言われたので正直驚きました。

この辺りの遅延に関してはよく有る事ですので、後の予定が狂う事もしばしばです。ギリギリの日程を組んでいる場合にはLCCは危険かもしれません。フルサービスの航空会社(特に日系)なら安心出来る事でしょう。

良いタイミングで予約しないと逆に高くなる事も有り得る

ここまで書いてきた事はLCCのデメリットなのですが、LCCの一番のメリットはチケットが安い事です。しかし、その一番のメリットが必ずしもいつも受けれるとは限らないです。

安い時は、私も関空-香港を片道1万円以下で購入する事が有りますが、高い時は普通に片道2万円を超える時が有ります。あまり航空券の予約を普段しない方にとってはピンとこないかもしれませんが、2万円の運賃に預け手荷物を付けて、さらに往復するとなると約5万円程度になります。

これはANAやJALなどのフルサービスの航空会社のチケットと大差ない金額です。

5万円台でANAでも購入出来ますので、こうなってしまうとLCCの良さは全く無いのです。

特に私はスーパーフライヤーズ会員なので、同じ位の金額なら確実にANAを選びます。

スーパーフライヤーズカードを取得したい方に捧ぐ!私がANA SFC修行した時の話
このエントリーは長い記事になるような気がしている@zeninarucomです。私が仕事で出張に行くときに飛行機を利用していたことから、ANA...

まとめ

LCCは、タイミング良く買えば安く買えて非常にお得ですが、LCCに拘りすぎるのも考えものなのです。

あくまでフルサービスの航空会社との差額を考えて、あまり違いが内容でしたらフルサービスの会社をお勧めします。中国当方航空はお勧めしませんが・・・

セールも頻繁に行われているので、各LCCのホームページをチェックしたりメルマガ登録しておくと良いかもしれませんね。

Jetstar(ジェットスター)の香港-関西便の搭乗記!時間帯が微妙か?
香港からJetstar(ジェットスター)を利用して関空まで向かいましたので、レポートしてみます。この路線(香港国際空港-関西国際空港)のLC...
香港エクスプレス搭乗記(関西国際空港-香港国際空港)
香港エクスプレスを利用して、関西国際空港から香港国際空港へと移動しましたので香港エクスプレスについてレビューしてみようと思います。 香港エ...
Peachの関空-香港線搭乗記!チェックインの方法は?乗り心地は?機内サービスは?
Peach(ピーチ・アビエーション)を利用して香港に行ってきました。 今回は仕事で行ったのですが、少しだけ時間が合ったので香港観光もしてみ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする