まだモバイルバッテリーで消耗してるの?最低一つは大容量のを持っておきましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、中国と日本との移動時にスマホの電池切れで消耗していていない@zeninarucomです。

現在二個のスマホを持ち歩いている私にとって、充電が切れるという事は非常に困ります。そんな時にモバイルバッテリーが有れば非常に助かるのですが、そもそもモバイルバッテリーをまだ購入した事が無いという方も居ると思います。

そして、そのモバイルバッテリー自体の充電方法もよく分からないという方も実は多いようです。

そんなモバイルバッテリー初心者?の方の為に分かり易く、今回はモバイルバッテリーについて説明していこうと思います。

スポンサーリンク

もうスマホの充電切れで焦るのはやめよう!大容量のモバイルバッテリーを持つべき理由

モバイルバッテリー

まずモバイルバッテリーというのはこういうやつです。

多分、電車の中とかでこれに繋いでスマートフォンを充電しながら音楽を聞いたり、動画を見たりWebを見ている方を見かけると思います。

もはやコンビニでも売っていますし、すごく普通に見かけるアイテムですよね。

でも結構大事な時に持ち歩くのを忘れている人が多いんですよ。で、スマホの充電が無くなってしまう・・・すると連絡もつかないし、仕事なんかで使う場合には困りまくります。

いつも充電器自体を持ち歩いている人は、どこか電源の取れる場所に行けば良いですが外出時にそうそう見つかる訳も無いので、結局モバイルバッテリーを持っている事にこした事はありません。

まずは一台大容量のタイプを購入しておこう

この辺りを購入しておけば間違いはないと思います。特に私も使っているcheero Power Plus 3がお勧めです!

で、ここからですがモバイルバッテリーというのは中に分かり易く言うと充電式の乾電池が入っていて、それを充電する事によってその蓄えられたエネルギーをスマートフォンに出力して、スマホが充電出来るという物です。

という事は、常にモバイルバッテリーを充電しておく必要性が有ります。その方法自体が分からないという方もおられるので説明しておきます。

cheero power plus3

これはcheero Power Plus 3の側面です。ここに何個かの差し込み口が有ります。

この製品は同時に2つのスマホなどを充電する事が可能ですので、USBの差し込み口が2つ有ります。その間にINと書かれた差し込み口が有ります、これはMicro USBの差し込み口になっています。モバイルバッテリーを充電する為のMicro USBは最初からcheero Power Plus 3には付属してきます。

micro USB

こんなのが同梱されているはずです。

で、これを本体に差し込みます。

cheero power plus 3 micro usb

こういう感じで差し込みます。それからMicro USBの逆側は当然USBになっていますので、それも何かに差さないといけません。

cheero power plus 3 充電方法

そのままUSBをPC等のUSBポートに差し込んでも、充電は可能ですが私は急速充電可能な

これに差して運用しています。この製品は2ポート有るので片側はモバイルバッテリー、もう一方はスマホを充電という事も出来ます。

ここまで説明した様にすれば、モバイルバッテリーの本体を充電する事が可能になります。やはり大容量の物はそれなりに充電時間もかかりますので、夜職場などから帰ってきたら寝る前にでも充電を開始しておけば、朝には充電完了しているはずです。

モバイルバッテリーってどの位の回数スマホを充電出来るの?

ここからが一番重要な所だと思うのですが、実体験を交えて説明をしていきましょう。

私が持っているcheero Power Plus 3を例にあげると容量は13400mAhと記載されています。これは、今出ている信頼性のおけるモバイルバッテリーではかなり容量が多い方です。

実際にiPhone6とiPhone6 Plusをずっと持ち歩いて、cheero Power Plus 3で充電をしていたのですが、2台の電池容量がかなり減った状態でフル充電したとしても確実に2台を2回位は充電する事が可能でした。(今はズルトラを持ち歩いていますが、もちろん同様に充電出来ます。)

スペックの事ばかり言っていてもしかたないので、実体験で考えると一日の外出で2台のスマホを2回充電出来るというのは、かなり良いと思いますしそこまでハードに利用される方ってそんなには居ないのではないでしょうか?

もしiPhone6を一台だけ使っている方なら、多分5回位は満充電出来ると思うので2日程度はモバイルバッテリー本体を充電しなくても平気かもしれません。

それに上の画像で説明した様に、モバイルバッテリーにはMicro USBケーブルが付属していますので、これさえ持ち歩けば、いざという時にはPCからも充電が出来ますので会社のデスクトップなどで充電しておくのも有りでしょう。

まとめ

今回は、まだ大容量のモバイルバッテリーを持っていない、もしくはこれから購入したいと思っている方の背中をそっと押すような内容でお届けしました。

電車通勤や、出張、外で過ごす事が多い方はモバイルバッテリー無しではスマホの受電残量ばかり気にして、思いっきりスマホを使えないという精神的な消耗をしなければなりません。これって地味に辛いです・・・

大容量のモバイルバッテリーをそっとカバンに一つ忍ばせているだけで、そんな消耗は避ける事が出来るのではないでしょうか?少なくとも私は、海外でもしスマホが使えなくなったら・・・なんて事は考えずに生活が出来ています。

それほど現代人とスマホは切っても切れない関係ですから、消耗しない為にもモバイルバッテリーを手に入れてくと良いと思いますよ。

Z Ultra C6833(ズルトラ)を購入したよ!理由はiPhone6 Plusの盗難です・・・
スマホの盗難に遭ってしまいました・・・しかも海外慣れしていると豪語しておきながら、香港国際空港のソファで仮眠しているところをやられてしまいま...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする