意外と知らないが現金で買い物をすると実は損をしているという事実

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと恐ろしい感じのタイトルにしてしまいましたが、現代において現金で買い物をすると結構損をしているという現実が有ります。

最近も友人のクレジットカード申し込みの相談にのったように、結構現金しか使っていないという人は世の中に多いんですよね。

なぜ現金で買い物をすると損をするのか?今回はその辺りを解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

現金で買い物やサービスの支払いをすると結構損をしている!何故なの?

現金

photo credit: Money via photopin (license)

まず、現金しか使えないお店やサービスしか利用していないという方は、どれほど居るのでしょうか?

確かに、世の中には『支払いは現金のみ!』みたいなお店も存在しています。そのようなお店では安い値段で商品を売っている事が多々有ります。例えば、こういう現金主義の店はスーパーマーケットなどによく有るかと思われます。

現金しか使えないというお店は実は結構少ない

考えてみると現金しか使えない店というのは現代ではほとんど無いのではないでしょうか?

例えば、コンビニではどこでもクレジットカードや電子マネーが使えます。(地方の小さなグループまでは分かりませんが)、ガソリンを入れるのにもクレジットカードは使えますし、ファミレスでもサイゼリヤや、ガストはクレジットカードを利用出来ますし、マクドナルドや吉野家でも電子マネーが利用出来ます。

スーパーでもイオンやイトーヨーカドーではクレジットカードが使えますし、系列店のディスカウントされているスーパーでも利用出来ます。

しいていえば、100円均一のお店ではクレジットカードは使えませんが、これは利益率を考えると使えないのもしょうがないかなという感じです。

現金ではポイントは付かないがクレジットカードや電子マネーではポイントが貯まる 

6988272680_97102f42c6_b

photo credit: Money via photopin (license)

会員カードを作る事で、現金で支払った場合でもポイントが付く事は有りますが、どうしてもその店だけで使えるポイントが主流です。ツタヤのT-POINTは今では全国色々な所でポイントが貯まりますし、使う事も出来ますが、T-POINTのようなサービスはまだまだ少ないと思われます。

現金で貯まるポイントはしれていますが、クレジットカードや電子マネーを使う事で貯まるポイントは強力だと私は考えています。特に、クレジットカードは強力です。

月に10万円生活費に使うのならば現金だと相当損をする事に

例えばリクルートカードだと1,2%のポイントが付きますので毎月10万円をクレジットカード支払いにすると、1,200円分のポイントが付きます。

リクルートカードプラスなら2%のポイントが付くので、10万円で2,000円分のポイントが付きます。固定費(携帯電話やインターネット料金、光熱費の支払い等)や食費だけでも毎月10万円というのは十分使う金額ですので現金払いだと、一年で24,000円分ものポイントを無駄にしている事になります。

リクルートカードプラスは現在は発行されておりません。

まとめ

現金でしか支払いをしないという方は実は結構損をしています。

ただ、あくまでクレジットカードを使う店は普段から行っているような店でないと意味が有りません。わざわざクレジットカードが使える店に行ってしまうと高くついてしまう事も有るのです。

この辺りを上手に考えて利用すれば、現金よりもクレジットカードや電子マネーでの支払いはポイントが付いてお得になるのは間違いありません。

クレジットカードを持つのが怖いと思っている人へ対処法3選
クレジットカードを一枚も持っていない友人が居ます。 なぜクレジットカードを持たないのか聞いてみた所、『なんか怖い・・・』と言っていました。...
クレジットカードの使いすぎで破産しない為の五箇条
クレジットカードって本当に便利ですよね。 でも、そんなクレジットカードを使いすぎて破産してしまったという人が多く存在しているのも又真実なの...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする