【悲報】遂に光回線にも通信速度規制が?OCNが発表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

光回線も遂にか・・・という感じなのですが、OCNが衝撃の発表をしましたね。それは今後光回線で通信速度の規制を行うという事です。

OCNと言えば、NTTコミュニケーションズが運営するプロバイダなのですが、こんな大手が今回の様な措置を決めたというのが話題になっているようです。

では今回どのように通信速度が規制されるのか?なぜそれが問題になるのかを考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

OCNが混雑時に光回線の通信速度規制を行う?

光回線 制限

今回のOCNの発表は3月2日付けで発表されています、適用されるのは2016年6月1日からとなります。

まず今回のような事になった理由を書いてあります。

NTT Comは、「OCN」のネットワーク上を流れるデータ量の増加に対応するため、平素より通信設備の増設に努めています。しかし、動画などの容量が大きいコンテンツの増加や、利用者・利用頻度の増加などによって、通信されるデータの量(トラフィック)は飛躍的に増え続けており、多くのお客さまの利用が集中し混雑状態になると、通信速度の著しい低下が生じることがありました。

混雑発生に伴う通信品質低下を防ぐため、NTT Comは通信設備の増強を引き続き行うとともに、混雑が発生した際に、利用の公平性を確保するため、以下の取り組みを実施いたします。 OCNより引用

容量の大きい動画などを以前よりも、大量にアップ、ダウンロードされる為にトラフィックが増え続けているという事ですね。

そして、利用が集中すると通信速度が低下する事が有ると。そこで、以下の様になりました。

お客さまが利用する通信設備において混雑状態が発生した場合に、同じ設備を利用している通信量が多い回線から順に、通信速度を他の回線と同じ水準まで一時的に制御し、より多くのお客さまがご利用いただけるようにいたします。この通信速度制御は、混雑が緩和すると、直ちに解除されます。

つまり通信料を多く使っている回線は、通信速度の規制を行うよという事です。どの程度の通信量を使っていると制限されるかは、記載されていません。

混雑が緩和すると、解除されるとは記載されているのですが、これも状況次第でしょうからどの位の時間続くのかは分かりませんね。

一体何が問題なのか?

なぜ今回、この発表が話題になっているのかという事ですが、やはり固定回線だからという事でしょうね。固定の回線で、月額もかなりの料金を払っているのに、通信速度の制限をいきなり発表されると、OCNのユーザーはたまったもんではないでしょう。

混雑時にだけと記載されているので、夜間が主でしょうが、都内や大阪市内などで人口密集度の高い所では、混雑しやすいですので制限を受けやすそうです。現時点では、はっきりとどの位で制限かかるというのが分かりませんが、2016年6月1日以降は、どの程度で制限がかかるを試す方が、わざと大量のデータを利用してみて結果を2chなどに書き込む事でしょう。

私は、OCNユーザーではありませんが、あまりに酷いようであればプロバイダの乗り換えなどにも繋がるかもしれませんね。

やはり格安SIMや通常の携帯電話回線と違って、安心信頼出来るのが光回線だと思っているので、OCNユーザーでない私ですらも、今後どうなっていくのだろうか?と不安になるような今回の発表ではあります。

通常の使い方なら問題は無いと思うので、必要以上に恐れる事はないとは思う

そうは言っても、不通にWebを閲覧したりYouTubeを見るくらいや、複数台で同時に動画を見るくらいなら、大丈夫なのではないかと思いますので、必要以上に恐れる必要なないのかな?とも考えます。

一部の凄まじいトラフィックを発生させているユーザーへの対策だと思うので、一般の人(私も)は気にする必要はないという事になれば良いですね。

格安SIMを推しているけど、今の時代にはWi-Fiが無いと厳しいでしょう・・・
私は、自分自身が格安SIMを利用している事から、格安SIMを随分と推しております。MVNO(格安SIM) / ゼニナル大手キャリアと契約する...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする