昼間いつも眠たい貴方は睡眠時無呼吸症候群かも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも昼ご飯を食べると、急激に眠たくなる@zeninarucomです。

絶対、昼過ぎに眠たくなる時間があるんだよなーと思っていたところ嫁さんから、『あんたそれ病気よ』と言われたので調べてみたのです。

スポンサーリンク

昼間の眠気の正体

睡眠時無呼吸症候群

photo credit: Michael Sissons via photopin cc

睡眠時無呼吸症候群の可能性が有るそうです。

睡眠時無呼吸症候群とは?Wikipediaによると

無呼吸  口、鼻の気流が10秒以上停止すること。

低呼吸  10秒以上換気量が50%以上低下すること。

無呼吸・低呼吸指数  1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせたもの。を指す。

なるほど、当てはまるものが有りそうです。何だか怖くなってきました。嫁に聞くと、この無呼吸の症状有るようなんです私。

原因は

閉塞性睡眠時無呼吸症候群 : 睡眠中の筋弛緩により舌根部や軟口蓋が下がり気道を閉塞することが主な原因である。

中枢性睡眠時無呼吸症候群 : 脳血管障害・重症心不全などによる呼吸中枢の障害で呼吸運動が消失するのが原因である。

Wikipediaより

結局太っていると良くないという事ですね、気道を閉塞する事になりますからね。これまた、思い当たる節が有りますね・・・

症状 

  • 昼間の耐え難い眠気
  • 抑うつ
  • 不眠
  • 集中力の低下
  • 大きないびき
  • こむら返り
  • 就寝中の呼吸の停止

などの症状が有るようです。

恐ろしい、恐ろしすぎる・・・かなり当てはまってる。これを書いていて、本当に不安になってきました。最初は簡単な気持ちで調べたのですが、これはもう病院に行かないといけないレベルかもしれません・・・

そして睡眠時無呼吸症候群の怖いところは、居眠り運転や、心臓病、高血圧、糖尿病のリスクが増加するということなのです。怖いですよね・・・

Wikipediaにはこのような事も書いてあります。

家族などの同居者がいない場合、この病気の発見は非常に遅れる。特に自覚症状が弱い場合は誰にも発見されないため、その状態が徐々に悪化して深刻な問題を起こしてしまう。よくある深刻な問題の例は、自動車の運転中に強い眠気が発生し運転操作を誤って人身事故になることである。そしてこういう事故をきっかけにこの症状を知るというケースが目立つ。この病気が一般社会に知られるようになったのも、患者が起こした事故の報道によるものであった。

また、同居者がいてもこの病気に関する情報を持っていなければ、単に「いびきをかきやすい性質」としか認識されず、治療開始が遅れることもありえる。

睡眠時無呼吸症候群に特有のいびきは、通常の一定リズムではなく、しばらく無音のあと著しく大きく音を発するという傾向・特徴を持っている。

これは当てはまることが多すぎて、もう何が何やらといった感じですが、多分当てはまる30代の男性って多いと思うんですよねー。

睡眠時無呼吸症候群だと思ったら

気をつけないといけないことを挙げておきます。

  • 適正体重を保つこと
  • 飲酒は適度に、寝酒はやめておく

この2つは気をつけないといけないようです。

それでも心配なら

病院に行きましょう。私も行こうと思います。

今回は、自分の事が気になって書いてみましたが、気がついたのは、もう若くないんだなという事です。私と同じ30代の男性は、症状が無いかを奥さんに聞いてみては、いかがでしょうか?もしかしたら睡眠時無呼吸症候群かもしれないですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする