スーパーフライヤーズカードの審査は厳しい?対策出来る?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今現在、スーパーフライヤーズカード(以下SFC)を手に入れたいと思っている方にとって気になるのは、審査の事でしょう。

私も、実際にSFCを手に入れるまでは不安に思っていた点でした。

対策というと大袈裟ですが、少しでも出来る事をしてSFC修行に望むのが良いと思います。

スポンサーリンク

スーパーフライヤーズカードの審査は厳しいのか?どうすれば確実に手に入る?

スーパーフライヤーズカード

まず、スーパーフライヤーズカードには多数の種類が有ります。

もちろんカードのランクにより審査の厳しさは違いますのでその部分を理解する事が大事になってきます。

スーパーフライヤーズカードの種類

  • 一般
  • ゴールド
  • プラチナ

3種類のカードの種類が有ります。

この3種類のカードからどれを選ぶのかは、自分の経済状況などから当然考える必要が有ります。

目安としては、ANAカードの入会資格を参考にすると良いでしょう。

  • 一般カード:18歳以上
  • ゴールドカード:30歳以上
  • プラチナカード:30歳以上

もちろん収入は審査の基準となりますので、年齢が達していれば良いというものでもないでしょうが、おおまかな基準はこうなっていますね。

自分に合ったカードを選ぶ事が大事!

SFCを手に入れる為には、以前も書きましたがあらかじめANAカードを持っておく事が大事です。

ANAファンの私が言う!ANAカードは絶対持っておくべし!

理由は、同ブランドの同じクラスのカードだとSFCに切り替える際に審査が無い(厳密に言うと審査は有ると思います。)ので、比較的スムーズに切り替えが出来るという事からです。

この場合に、一般カードからゴールドに切り替えたり、ゴールドからプラチナに切り替えすると通常の審査が行われる筈ですので審査に落ちる場合も有ります。

スーパーフライヤーズカードを取得出来るようになるプラチナ事前サービス期間、プラチナサービス期間、ダイヤモンド事前サービス期間、ダイヤモンドサービス期間中にANAカードの申し込みをするのも良いですが、万が一クレジットカードの審査に落ちてしまう事を考えると、危険度は高いです。よほど自信が無い限りは避けた方が良いと思います。

ANAのダイヤモンドやプラチナの事前サービスとは?

ここまでで大事なのは、SFC修行を始める前にANAカードを取得しておくという事です。

理由は、下記の過去記事でも書いておりますが、万が一審査に落ちると以後の審査に響くからです。

クレジットカードの審査に落ちた!理由は?再申し込みは?

スーパーフライヤーズカードの審査が厳しい訳ではない 

ANAカードの審査は、特に厳しい訳ではありませんので、まずは申し込んでみましょう。

そして、SFC修行を終えたら切り替え申請をしましょう。

SFCの審査が、厳しい訳ではなくSFC申し込み出来るようになって、はじめてANAカードを申し込みして結果的に審査に落ちてしまう人が居る事から、何となくSFCの審査が厳しいような話しになっていると感じます。

まとめ

スーパーフライヤーズカードをいきなり申し込むのではなく、あらかじめANAカードを取得しておいて修行をする。そして、SFCに切り替えをする。

この順序でSFCを申請すれば問題なく、手に入る筈です。

ANAカード【年会費初年度無料★キャンぺーン実施中】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする