スカイマークってどうなるの?と思っていたらエアアジアが名乗りを上げたみたいよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し前のニュースでスカイマークが、A380の購入に関して発注していた全六機をキャンセルするというものが有りました。

今日、スカイマークに関しての最新のニュースも入ってきておりますので、スカイマークについて書いてみます。

私は、旅行も好きなのですが飛行機、航空会社も好きでして、今回のスカイマークの件も注目しています。

私は、ANAのマイル会員でありまして、個人的にはANAのファンです。その事は別の機会に書くとして。

skymarkairbusa380

出典 AIRBUS

スポンサーリンク

スカイマークの状況

これは非常に良くない状況だと思われます。

2014年3月期では営業損益25億円の赤字となっておりますし、最終損益も18億円の赤字だといういう事です。

更に4〜6月期は、最終損益は約58億円の赤字みたいです。

A380の違約金は?

今回のA380の注文キャンセルの違約金ですが、数百億円、または700億円規模だと言われております。

凄すぎる違約金に何も言えないですね・・・

しかも前払金として260億円を支払っているのですが、これに関しても返金される可能性は低いという事。

それにより手元資金も大幅減少する見込みで、経営的にかなり厳しくなるらしいのです。

スカイマークはどうするのか?

スカイマークの社長は、大手航空会社の傘下に入る予定は無いとしております。

確かに日本の航空会社ですから、傘下に入るにしてもJALANAなら、まだしも海外大手航空会社の傘下になってほしくないという感じはします。

まだJALやANAですら就航させていないA380は魅力的で、その目玉のA380で国際線に打って出ようという考えには、とても賛同できます。乗ってみたいですし。ただ、経営の規模からいうと、判断を誤ってしまったというのは間違いないかと・・・

一機が約400億円するといわれている、AIRBUSのA380を六機も一度に発注するのは、少々無理がありましたね。

続報が出た!

エアアジア、スカイマーク支援検討 経営権狙い出資 日経より

アジア最大の格安航空会社(LCC)であるマレーシアのエアアジアが国内航空3位スカイマークの経営支援の検討に入ったことが18日、明らかになった。資本参加などを通じた経営権獲得が狙い。スカイマークはLCCの台頭を受け、経営不振に陥っているものの、「ドル箱」とされる羽田発着枠を豊富に持つ。他の国内外大手も発着枠の行方に関心を示しており、今後、スカイマークの争奪戦に発展する可能性がある。

と思ったら早速否定ですか?

エアアジアCEO、スカイマーク買収否定:Aviation Wire

エアアジア・グループのトニー・フェルナンデスCEO(最高経営責任者)は8月19日、自身のツイッターでスカイマーク(SKY/BC、9204)の買収報道を否定した。

うーん、情報が錯綜している感じですねー。

しかも今日の株式市場では、エアアジアが買収に興味を示しているニュースによって、スカイマークの株はストップ高を付けているそうです。

結局どうなるのか?

違約金は絶対に払わないといけないのでしょうし、スカイマークとしては厳しい局面が続くものかと思われます。

万が一、スカイマークが資金難になった場合には、スカイマークの持つ羽田空港の発着枠36枠を、日本の航空会社も含めて争奪戦になるのでしょうか。

当分目が離せないですが、スカイマークには踏ん張って欲しいところです。

でも、実はスカイマークに乗った事無いんですよね・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする