旅をするとモバイルバッテリーの有り難みが本当によく分かるという話し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルバッテリー関連の記事は過去に何度か書いております。

cheero Power Plus 3(13400mAh)を購入したら最高だったのでレビューしてみる
今、めちゃくちゃ話題のcheero Power Plus 3(13400mAh)を購入しました! 小さな本体で13400mAhもの大容量を...
AnkerのPowerCore 20100を購入しました!デカいが容量はたっぷりです
以前から、愛用していたモバイルバッテリー「Cheero Power Plus 3 13400mAh」が2016年一発目の出張で壊れてしまいま...

上で紹介した2種類のモバイルバッテリー以外にも、何種類かのモバイルバッテリーを利用してきたのですが、モバイルバッテリーというのは利用する人のシーンに合わせて購入するべきだと感じています。

昨今では大容量のモデルが購入しやすい価格になってきているので、大容量を選択するのも良いですが、やはり必要な容量を選ぶのが大事です。

そこで旅に出る時に持っておくべき容量や、どのようなモデルを持っておけば旅に出た時にスマホの電源を絶やす事無く活動出来るのでしょうか。

スポンサーリンク

旅に出るとモバイルバッテリーは最強の味方になる!どんなモデルを選べば良いの?

モバイルバッテリー 旅

旅といっても、私が普段行く様な海外と国内の旅では全然違います。それと旅というのを、今回の記事では旅行と出張を含む数日間の移動を全て「旅」とさせていただきます。

では行ってみましょう。

国内への日帰りの旅

日本国内への日帰りの旅行、出張だと国内でスマホの電波も繋がる事からどんどんバッテリーを消費します。こういう時にバッテリー切れしてしまうと、正直凄く困ります。

国内での日帰りの旅だと、モバイルバッテリーは持ち歩くとしても、充電アダプターは持っていかない可能性も有ります。持っていたとしても電源が必ず取れる保障も有りません。すなわちモバイルバッテリーを持つのが一番良いという結論になります。

この場合の必要容量としては、標準的なスマホを一回フル充電出来れば良いと考えられます。

容量が5200mAh有れば、iPhone6sや6s Plusをフル充電出来ますので、お勧めです。このサイズのモバイルバッテリーは軽量なので、持ち歩きにも全く差し支えませんし、ビジネスバッグに忍ばせておけば良いのです。

一泊〜二泊程度の国内への旅

国内への一泊から二泊程度の旅であれば、ホテルでスマホを充電するのが一般的でしょう。

夜間にホテルで充電する事を考えると、モバイルバッテリー頼みになる事もないでしょうし、モバイルバッテリー自体もホテルで充電出来ます。寝ている間にモバイルバッテリーの充電は満充電になります。

つまり、日帰りと同じ容量のモバイルバッテリーを持っていれば事足りるでしょう。国内なので、充電する場所もそこまで気にしなくても良いですしね。

三泊以上の国内への旅

長期の国内の旅の場合は、少し多めの容量を持っておくと良いでしょう。ホテルで充電が出来るのですが、少し多めの容量を持っておくと安心します。友人や家族のスマホも充電させてあげる事も可能です。

この程度の旅になると以下の様な商品がお勧めです。

10000mAh前後のモバイルバッテリーを一台持っておけば、スマホとタブレットをフル充電する事が出来ますし、うっかりモバイルバッテリーの充電を忘れても1日で無くなるという事はなかなか無いでしょう。

海外への一泊〜三泊程度の旅

なかなか海外に一泊で旅に出る人は少ないと思いますが、弾丸ツアーでホテルにすら泊まらない度というのは私にも経験が有ります。

二泊や三泊というのは近場(韓国、台湾、香港)位だと有ると思いますが、重要なのはホテルで電源を取れるかどうかという事です。

以前は、電圧が違うので変圧器を持ち歩いたりしているという人もいましたが、最近はPCやスマホの、充電アダプターは海外でもコンセントの形状さえ合えば利用出来ます。240V対応している商品が一般的になっていますからね。

もしコンセント形状が合わなければこういうの使えば良いです。

という訳で、このくらいの日数だとcheeroのPower Plus 3はお勧めですね。

海外への三泊以上の旅

海外への長い旅で、スマホやタブレットを長い時間利用しながら移動する場合には激しくバッテリーを消耗します。

電源だって、いつでも自由に取れる訳ではないでしょうし(ホテルを除く)、バスや飛行機の長い移動時間は退屈してしまって、動画を見たりするでしょう。

空港での長い待ち時間なども、空港のWi-Fiを利用してガンガンYouTubeとか見てしまうと凄まじくバッテリーを消費しますよね。私もよくこの状況になります。

海外への三泊以上の旅であれば、出来るだけ安心する為にも大容量のモバイルバッテリーを推します。私も愛用しているAnkerのPowerCore 20100が最適でしょうね。

cheeroにも良いのが有ります。

このクラスを持っていれば、スマホの充電で恐れる事は無いでしょうね。私自身ほとんど有りません。PowerCore 20100はフル充電状態から、何度もiPhone6とNexus 6そしてFireタブレットを充電しましたが、本当にパワフルです。バッテリー切れという言葉とは無縁になりましたね。

逆に、このクラスの20000mAhは日帰り旅や一泊程度の旅に持ち歩くのには、オーバースペックですし重量が重いです。

まとめ

持っていく場所や、日数、または海外に行くのか国内か、そしてホテルで電源が確保出来るか、又はドミトリーの様なバックパッカー旅をするのか。

人それぞれの用途によって持ち歩くべきモバイルバッテリーの容量は変わってきますが、大体上に書いてきた様な感じで良いのではないでしょうか。

私は、20100mAhのモバイルバッテリーを持ち歩いていますが、あくまで海外を視野に入れて購入しております。普段使いには大きすぎますので、普段使いメインで旅にも行かないのであれば、3000mAh程度で十分でしょうね。

今回の記事が旅に出かける方の、参考になれば幸いです。

ANKERの40W 4ポート USB急速充電器(ACアダプター)、PowerPort 4のレビュー
最近、ANKERの製品が大好きになってきています。先日購入した、モバイルバッテリーのPowerCore 20100も非常に調子良いですし、そ...
陸マイラーとは?マイルの貯め方には種類が有るの?
当ブログでは、今までにマイルについて多く触れてきました。特に私がANAのSFC会員(スーパーフライヤーズカード会員)だという事もあり、ANA...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする