子供の成長を感じた!親が思っている以上に子供は強いという事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、いつもの当ブログではあまり扱わない子育てネタです。

他のブロガーさんでも、結構子育てや家族の話題に触れている方も多くいらっしゃいますね。

私は、そこまで子育ての事を今までは積極的に書いた事はないのですが、今回は子供の成長を感じたので書いてみようかと思いました。ちょうど入学式シーズンですしね。

スポンサーリンク

子供は親が思うより凄いスピードで成長しているという事実

子供 成長

うちの息子は今年度から小学校に入学しました。

息子が小さな時から仕事ばかりしていた私達夫婦は、早い時期から保育園や幼稚園に息子を通わせていました。

そんな息子が早いものでもう小学生になるというので、初めての事に私達夫婦はオロオロと心配をしていました。

心配していた事は以下のような事です。

  • 食事をするスピードが遅いけど大丈夫か?
  • 友達が出来るだろうか?
  • 自分勝手な性格だけど大丈夫か?
  • トイレに行きたいってちゃんと言えるかな?

まあ、このような事です。多分、小学生くらいのお子さんを持つ父親、母親の方なら誰しもが感じる心配事だろうと思います。もし、この悩みが無ければ凄く羨ましいと感じるくらいです。

そんな心配をしていた私達ですが、小学校入学と同時に新たな事を息子に始めさせました。

小学校入学と同時に息子を柔道教室に通わせる事に

柔道

うちの息子は私に似たのか、お調子者で人の嫌がる事もやってしまうタイプ(笑)結構、やんちゃなんです。でも、自分より大きい子にはハッキリとものが言えない。

ムードメーカー的な所も有るけども、ワガママで空気を全く読まない性格です。

そんな息子を礼儀に厳しく、結構怖そうな先生に預けるのは正直賭けだと思っていました。一度行ったら行きたくなくなるのではないかなあ?と考えていました。

そして、小学校の入学に先だって柔道教室に行かせる事になったのですが、一度目の柔道教室を終えて帰ってきた息子に「柔道どうだった?」と聞くと「楽しかった!友達出来た!」と言ったのです。

涙が出るほど嬉しかったですね。それから何度も練習に行っていますが、正直小学校一年生にはキツいと思われる練習にも耐えて、嫌がらずに通っています。

ここで私達夫婦は自分の子供を過小評価していた事に気づきました。彼は、もう少しずつ私達夫婦の手の中から離れて歩みだしていたのです。

小学校の入学式でも、他の子とはしゃいで話す姿を見て、今までの不安は全て(厳密には全てでは無いけども)吹っ飛んだのでした。

親の知らない所での成長 

今の時代、過保護な親が増えていると言われています。確かに私達の子供時代とは違う。必要以上に子供に関わる過干渉も過保護も多いような気がします。私も過保護な方でしょう。

しかし凄まじいスピードで成長している息子を見ていると、考えを改めないとなあと強く感じました。

私達夫婦の知らないうちに彼は随分と成長していました。まだ何もかも始まったばかりではありますが。

正解のない子育てだからこそ心配や不安がつきまとうのだが

何が正解かは現時点では分かりませんが、子供の可能性や自主性を親がもっともっと信じてあげる事が大事だと気づかされた最近の出来事でした。

赤ちゃんの時から見ていて、正直他の子と比べてしまっていた私ですが、もうそれはやめます。

不安や心配はつきませんが、しっかりと自分の足で学校に向かいスポーツに励む彼を信じる。その為に親も頑張る。

それで十分って事に現時点では気づいたので、心が楽になったような気がします。

子供は親が思う以上に頑張り、そして成長している。これが今回私の書きたかった事です。もし、子育てに悩んでいるのなら、もう一度自分の子が何を今頑張っているのかを見つめ直すのが良いのかもしれません。

子育て世代こそクレジットカードで支払いするべきだと思う理由
子育てってお金が非常にかかりますよねー。私も二人の息子を持つ父親ですので、子育てってお金がかかるなあと日々実感しております。例えば、乳児の時...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする