香港で何が起きているのか?来月香港に立ち寄ろうとしている私が調べてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数日、ニュースを騒がせている香港のデモなのですが、いったい何でこのような事になったのか?

正直、ピンときていない人もいるだろうし、私もピンときていないので調べてみました。

スポンサーリンク

香港で起きているデモの原因は?

香港

photo credit: PeterThoeny via photopin cc

そもそも、この香港でのデモですが、どのような事から始まったのでしょうか?

デモの理由

香港トップの行政長官を決める選挙について、2017年から普通選挙によって選出するという案が全人代(全国人民代表会議)で出されたのだが、結局は政府の意向に反対する民主派の立候補を出来なくする。

といったものに対するデモだということですね。

ようするに、政府に不都合な人間の立候補はさせないよ!でも、選挙はするよ!って事ですね。

これでは、選挙の意味が全く無くなってしまいますよね。そもそも、立候補の時点で絞り込まれているわけですから。

何のための選挙だか訳分かんなくなります・・・そりゃあ憤るわな。

デモ隊は、梁振英行政長官の退陣を求めているので、長期化する恐れもありますね。

デモに参加している人たち

現在は主に学生が、デモに加わっているみたいですね。

その数なんと、数万人との事です。

一部、警官隊が催涙弾に加えて、ゴム弾を市民に発射したとの報道も流れて大変な騒ぎとなっているようです。

既に逮捕者や負傷者も多数出ている模様です。

香港の現状

香港2

photo credit: Sunciti _ Sundaram’s Images + Messages via photopin cc

香港が中国に返還されて17年。香港は「1国2制度」のもと、高度な自治が認められているが、中国の影響力の増大に、香港市民の反感が高まっている。6月 には中国政府が初めて香港についての白書を発表し、香港に対して中国政府が強い権限を持っていることを改めて強調。3年後に行われる香港のトップの行政長 官の選挙では、一般市民の立候補は事実上困難と見られていて、市民団体は反発を強めている。 NHKより引用

自治は認められてはいるが、実質中国の権限がかなり強くなってしまっているということですね。返還前は自由がもっと有ったという事でしょうか。

香港の人は、あくまで自分は、香港人だというスタンスで、中国に管理されることを嫌っているような印象を強く受けますね。

一体いつまで続くのか? 

一部では、人民解放軍が投入されるのではないかという物騒な噂も流れているようですが・・・

これは噂だけにとどめてほしいですね。

絶対に有ってはならない事だと思っています。

梁振英行政長官が退陣するわけもないでしょうから、このままにらみ合いの長期化や、デモが頻発してしまうのでしょうか。

早く収束することを願うばかりですが、根本的な解決って出来るのかな・・・

私は、広州に行く予定が有りますので、近々香港経由で行こうと思っていましたが、これは参りましたね・・・

広州に出張に行く私が悩んだ飛行機のチケットの件

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする