こちらから申し込みが出来るANAカードプレミアムはVISAとJCBだ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はタイトルだけ見ると意味が分からない感じなのですが、ANAカードの最高峰『ANAカードプレミアム』もインビテーションが無くても申し込みが出来るよという話しです。

私も実は以前まで全てインビテーションが無いと、入会出来ないと思っておりました。

属性の高い方は、いきなりプレミアムなカードを手に入れれるのでこれは良いですね。

スポンサーリンク

ANAカードプレミアム VISAとJCBは申し込みが可能!

ANAカードプレミアム

まずは現在のANAカードプレミアムのラインナップから見ていきましょう。

  • ANA VISAプラチナ プレミアムカード
  • ANA JCB カードプレミアム
  • ANAダイナースプレミアムカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード

この4種類です。

11月20日現在でANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードはまだ申し込みが出来ないようですね。19日から受付を開始すると報道されていたのですが・・・ ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードが遂に誕生! / ゼニナル

ANAダイナースプレミアムカードは申し込み不可

はっきりと分かっているのはANAダイナースプレミアムカードは、こちらからは申し込み出来ません。

あくまでインビテーションを待つ形になりますね。電凸する方は多いでしょうが・・・

ダイナースプレミアムカードのインビテーションが来た件 / ゼニナル

結果的に、Webから申し込みが出来るVISAとJCBがこちらから申し込み出来るプレミアムカードという事になります。

ANAVISAプラチナ プレミアムカード

ANA VISAプラチナプレミアムカード

まずは、私も愛用しているVISAから。私はプレミアムではありませんが。

このカードのインビテーションは一年くらい前に来ました。どこかにやってしまったのですが、当時かなり募集していたようですね。今は来なくなりましたが・・・

このカードは、三井住友VISAのプラチナカードのANAカードといった位置付けでしょうね。

年会費は、86400円(税込み) かなり高額ですね。

ANA JCB カードプレミアム

こちらも申し込みする事が出来ます。

こちらはJCB THE CLASSのANAカードという単純なものではなさそうですね、THE CLASSはインビテーションが来ないと取得出来ないカードですからね。

しかし、こちらの年会費は75600円(税込み)とJCB THE CLASSの54000円(税込み)を大きく上回りますね!この辺りはVISとは少し違うようです。

ANAカードプレミアムを持つ事のメリット 

スクリーンショット 2014-11-20 14.14.19

上の画像のようにメリットが沢山有ります。

代表的な物をあげてみましょう。

ANA国内線ラウンジが利用出来る

通常はANAの上級会員になるかプレミアムクラスにならないと入れないANAラウンジに入れます!(お金を払えば誰でも入れます)

これはANAカードプレミアムの凄い所ですね。(ただしANAラウンジは本人のみの入室可能で、同乗者は不可です。)

搭乗時のボーナスマイルが50%付与される

SFCでも35%(ゴールドカードは40%)しか付与されないボーナスマイルが50%付与されます。

という事は、飛行機に乗ればマイルがガンガン貰えますね!

入会・継続時ボーナスマイルが10000マイル

これも凄いです。入会したら10000マイル貰えて、毎年継続すれば飛行機に乗らずして10000マイル貰えます。

ちなみにSFCの継続ボーナスは2000マイルです・・・凄いなプレミアム。

まとめ

とりあえず他にも、凄い特典やメリットが有りますが代表的なのは上記のようなものです。

これだけでも凄いと思います。

はっきり言って年会費を余裕で払える方には最高のクレジットカードだと思います。かなりオススメですよ。

私も、お金に余裕が有ればANA VISAプラチナ プレミアムカードにアップグレードしたいけど無理ですね・・・

では今回はこの辺りで。

SFCをゴールドか一般カードかで迷っているならゴールドにするべし / ゼニナル

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする