香港で中国移動香港のSIMカードを買ってSIMフリーiPhone6で使ってみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在広州に滞在中の@zeninarucomです。

ちょっと時間が有りましたので、広州からの直通列車に乗って香港に行ってきました。紅ハム駅でe-道が使えると思い込んでいて失敗してしまいましたが・・・使えませんでした。

関連:香港国際空港でe-道(e-Channel)を申請してみた!簡単に登録出来るのでオススメ!

という訳で、無事に香港に到着した後はチムサーチョイに向かいSIMカードを手に入れました。

スポンサーリンク

香港のセブンイレブンで中国移動香港のSIMカードをゲット!

中国移動香港SIMカード

私は普段は、中国の聯通(China Unicom)のSIMカードをSIMフリーのiPhone6に刺して運用しております。これは中国での通信、通話用で中国国内しか使えない契約を選んでいますので、以前から香港に行った際には、ソフトバンク契約のiPhone6 Plusでの国際ローミングしか通信方法が無いという事に悩まされていました。

せっかく、SIMフリーのiPhoneとソフトバンクのiPhone6 Plusを持っている訳ですから、SIMフリーの方は有効活用しなくてはいけません。という事で香港でもSIMカードを購入してみる事に!

香港ではSIMカードが街中のあちこちに有るセブンイレブンで簡単に購入出来る!

中国移動香港のSIMカード

まずはセブンイレブンに向かい、サクっと購入です!中国語や英語が分からない方でも(ウォヤオ、SIMカー)とでも言っておけば店員は分かります。そしてiPhoneを店員に見せれば全てを理解してくれるはずですよ。

香港では、日本や中国のようにSIMカードを購入する為に面倒な手続きは必要有りません。ガムやコーヒーを買うのと同じような感覚でSIMカードを購入する事が出来ます。

今回私が購入したのは、中国移動香港のSIMカードです。上の画像の物ですね。早速、入れてみる事にしました。ちなみに携帯電話番号は、このSIMカードの裏側に八桁で記載されていますので、それが自分の番号となります。

香港SIMカード

おお、CMHKと出ました。これは(China Mobile HongKong)という事でしょうね。ちゃんとLTEを拾っています。まあ香港の町中なので当たり前だとは思いますが。

で、APNの設定なのですが私は特に何も設定せずにインターネット通信が行えました。これってどうなのでしょうか?中国の聯通(China Unicom)でも特に何も設定せずに使っていますが、この辺り謎です。私のiPhone6が香港版だからとか関係ないですよね?

ちょっと私の知識が足りないせいかAPNの件に関しては不明な所も有りますが、とりあえず使える様になりました。

購入価格は80HKドルで開通すると2HKドルひかれます

今回、私は80HKドルでSIMカードを購入しました。開通と同時に2HKドルが服務費として差し引かれるようなので実質78HKドルという事になりますね。

デフォルトの状態では一日28HKドルで使い放題という事になっているようなので、例えば旅行などで二日間位しか香港に滞在しない場合は良いと思いますが、5日とかだと足りなくなってしまいますのであらかじめ購入する時にチャージしてもらっておくか、他のプランを選択するのが良いと思います。

他のプランを選択する場合には、下記の画像の番号に電話をします。

中国移動香港プラン

この5日で48HKドルというのを私は選びました。1,5GBも使えれば十分ですし、住んでいる訳ではないので十分です。

申請方法は、*103*100*07#に電話するだけです。電話をすると

中国移動香港からのSMS

このようなSMSが入ってきて5日で1,5GB使えるよと教えてくれます。

通常の香港旅行の場合は、この容量で十分ではないでしょうか。5日で1,5GBは動画を見る以外では、使い切る事はないでしょう。

まとめ

どうだったでしょうか?香港では簡単にSIMカードが購入出来ますので、高い海外ローミングを使うよりは良いのでは無いでしょうか?

80HKドルと言えば、かなり円安が進行した現在(2015年6月時点)でも約1300円程度ですから旅行の間、インターネットを使えると考えれば安いものです。日本のキャリアだと使い放題になったといえども、一日それ以上いってしまいますので、5日間と考えると非常に割安です。

日本への通話も、固定電話へは一分0.18HKドルと携帯には一分3.28HKドルとなっていますので、結構安いですね。

ただ、このように現地のSIMを使うにしても必要なのはSIMフリーのスマートフォンですから、これからの時代にはSIMフリーは非常に重要な要素となってきますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする