黒糖と加工黒糖の違い知ってる?天然の黒糖は美味いよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく黒砂糖を使うと料理が美味しくなると言います。黒砂糖というのはサトウキビから出来ていて、自然の甘さが体にも良いんですねー。

しかし、黒砂糖と一口に言っても『黒糖』と『加工黒糖』が有るのです。貴方が普段から使っている黒糖はどっちですか?

実は黒糖と加工黒糖の違いに気がつかずに利用している方が多いのです。

スポンサーリンク

黒糖と加工黒糖の違いとは?

黒糖

黒糖と加工黒糖は明確に違うものです。いかに黒糖と加工黒糖がどのように違うのかを紹介しています。

ちなみに上の画像のものは黒糖になります。

黒糖とは

上記の物は黒糖(純黒糖)です。

そして黒糖の定義はWikipediaによると

サトウキビの茎の絞り汁を加熱し、水分を蒸発させて濃縮したものを冷やし固めて作る。酸性を中和し、不純物を沈殿させやすくするために、絞り汁に石灰を混入するが、糖分の分離精製をしておらず、砂糖の分類としては「含蜜糖」に当たる。 Wikipediaより引用

となっています。ようするにサトウキビの絞り汁から作るという事ですね。完全な天然の糖です。

体にもよく、味も非常に美味しいです。

加工黒糖とは

これは加工黒糖です。

加工黒糖の定義はWikipediaによると

黒糖に蔗糖、廃糖蜜などを加えて成分を調整したもの、もしくは粗糖(ザラメ)に糖蜜を混ぜた再製糖である。2012年4月1日から「黒砂糖」や「黒糖」と商品表示ができるのは、サトウキビの搾り汁を使った商品に限られる。黒糖に粗糖や糖みつを混ぜた商品は誤認を避けるため「加工黒糖」に改まる Wikipediaより引用

要するに、黒糖に砂糖を混ぜちゃってるんですねー。ですので加工黒糖は完全な天然の食品とは言いがたいですね。

ただし、黒糖に砂糖など加えて作るので、より多く作れる為に値段は安くなります。一般的によく販売されている黒砂糖は、実は加工黒糖なんですよね。

黒糖と加工黒糖の味は違うのか?

これはですね、両方食べると分かります!天然の黒糖は非常に美味しいです。自然の味がするというか、コクが有ります。そして加工黒糖も美味しいですけど、やはり人工的な糖分を配合しているのでなんだか甘ったるいです。

やっぱり天然の黒糖が断然美味しいですよ。絶対に料理には加工黒糖よりも天然の黒糖です。おでんなどにもピッタリです。

家族の健康を考えると天然の黒糖は最高だと思います。実際に沖縄県は長寿の県ですが、味付けに黒糖を使っているのも関係しているでしょうね。

天然の黒糖が欲しい人は、注意してみるべきポイントが有ります。

天然の黒糖には沖縄県黒砂糖協同組合のマークが付いている

スクリーンショット 2014-11-17 23.22.49

これは沖縄県黒砂糖協同組合の公認のマークです。

このマークが有る商品は間違いなく、天然の100%の黒糖という事になりますね。

このマークが有る物を買いましょう。私も沖縄に行った時には買ってます。

特に、これから沖縄に行く方は買って帰った方が良いですよー。本土だと加工黒糖ばかりで中々お目にかかれません・・・実際に沖縄県内でも加工黒糖ばかり売ってます(笑)しっかりと沖縄県黒砂糖協同組合のマークの有無を見て購入しましょう。

下の商品のように沖縄県黒砂糖協同組合の公認マークが付いている本物の黒糖を選ぶのが良いですね。

黒糖を使った青汁も美味しそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする