沖縄旅行記その2【念願のてんtoてんへ向かう】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄旅行記その2です。

その1はこちら

沖縄旅行記その1【関空から沖縄那覇空港へ!ANAラウンジも堪能】

沖縄那覇空港に到着しましてレンタカーを借りて、まずは以前から行ってみたかった沖縄一の有名店とも言われる『てんtoてん』へ向かいました。

スポンサーリンク

てんtoてんに向かう!果たしてその味は?

DSC_2123

那覇空港から、30分ほど車を走らせて、てんtoてんの駐車場に到着。

小高い場所の住宅街の中に位置しており、ちょっと地元の人じゃないと分からないような、立地ですのでカーナビかグーグルマップは必須です!

細い道沿いに駐車場が有り、ぎりぎり5台位のスペースしかないために初心者の方や普段車に乗らないペーパードライバーの方は、少し停めるのに苦戦するかも・・・

DSC_2121

私のレンタカーが青いフィットでその奥に3台程度と手前に1台のスペースが有りました。

そして奥のほうに見えているつたが絡まっているのが、目的のてんtoてん!

遂に待ちわびたてんtoてんに!

DSC_2125

おお!異様な雰囲気をかもし出す、この外観!まさしくWEBで見ていたものと同じです!

DSC_2127

一見どこが入り口なのかと思ってしまいましたが、ドアのようなものが見えました。ちょっとドキドキしますねー。

てんtoてんに入店!

DSC_2132

外観のワイルドさからは考えられないほどオシャレな店内です。

平日のお昼過ぎに行ったのですが、お客さんの数はそんなに多くない様子です。

DSC_2134

しかし洒落た店内だなあー。

沖縄らしくないというか・・・変な感じ。やっぱり沖縄の民家で食べるようなそば屋をイメージしていたので、ちょっと意外かなー。

DSC_2135

DSC_2146

てんtoてんのそばのメニューは木灰そばのみ!早速注文する!

DSC_2131

セットも有りましたが、うちの家族は木灰そばと古代米のおにぎりのみを注文しました。

値段は高くもなく安くもなくといったところでしょうか。人気店にしては良心的な値段でしょうね。

それにしても机の上の雰囲気も、綺麗にそしてオシャレにされています。

DSC_2137

メニュー裏にはこのような事が書いてありました。

しかし少し気になることが・・・

このてんtoてんの店員さん、非常にクールであまり人情味が無い。都会のカフェの店員さんのような感じです。これはメニュー裏のコンセプトとは少し違うような・・・

何度も沖縄に来て感じている、あの人情味というか人間味というのがあまり感じられない接客です。でも食べログでは沖縄県NO1の評価。うーん、ここら辺はどうなのかな。

木灰そばが来た!古代米おにぎりも!

DSC_2138

来ました!大きなソーキが乗っています。

麺は、かなりちぢれの強い麺ですね。

かまぼこと、しょうがとねぎも乗っています。

DSC_2141

古代米おにぎりも来ました。

なんだか体に良さそうな感じ!隣には肉味噌が!肉味噌好きなんですよねー。

いざ!てんtoてんの木灰そばを喰らう! 

早速、食べてみました。

まずはスープを飲んでみる。

うん!美味い!けど通常の沖縄そばのレベルから逸脱しているようなものでもありません。

麺は・・・

ちょっと縮れすぎかなー。

あまり食感が良くない。

ああ、なるほどこんなもんかなあーといった印象ですね。

ただ、ソーキは美味しい!まあ、これも他の店でも美味しいのですけどね。

そして、古代米を食べてみる。

うん?

味が無い・・・

これはほとんど味付けはしていないのかな?

そういうものなのかな?

肉味噌は美味し!なかなかの味です。

まとめ

食べログの評価を見て訪れた『てんtoてん』その、異常なほどの評価の高さからかなり期待を抱いていたのですが、私の感想としては普通でした。

なぜに、ここまで高評価なのか?そして店員さんの対応も含めても、とても沖縄県1位になっているとは考えがたい感じでした。

まあ、私の舌が悪いのかもしれませんねー。

今までに食べた、すーまぬめぇや宮里そば、那覇空港の空港食堂その他諸々の沖縄そばの方が私としては美味しかったような気がします。

残念な結果となりましたが、まだまだ沖縄旅行記と食レポは続きます。

沖縄旅行記その1【関空から沖縄那覇空港へ!ANAラウンジも堪能】

沖縄旅行記その3【瀬長島で飛行機を見てオルカ号で魚を見る】

沖縄旅行記その4【ホテルに行く前にA&Wで夕食】

沖縄旅行記その5【カヌチャベイホテル&ヴィラズ宿泊記!ホテルで遊び倒す!】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする