最強のクレジットカードって結局どのカード?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカード関連の記事が多い当ブログですが、最強のクレジットカードって結局なんなのよ?と考えてみました。

色々なクレジットカードが有る中で私が考えた最強のカードとは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

最強のクレジットカードを探せ!貴方にぴったりのクレジットカードとは?

最強のクレジットカード

photo credit: Fotero via photopin cc

最強のクレジットカードといえばすぐにアメリカンエキスプレスのセンチュリオン(ブラックカード)となるのが普通です。

しかし、これは選ばれた人だけが手に出来るカードですし、年会費も高額(36万7500円)です。しかも着実にクレジットヒストリーを積み上げ、決済もメチャクチャしてやっとインビテーションが来るという、ちょっと現実離れしたカードですよね。

もちろん、最強は最強だと思うのですが一般的ではないし私は見た事すら有りません・・・

私が思う最強クレジットカードそれは自分のライフスタイルに合ったカードです

ガッカリした方も居るかもしれませんが、今まで多数のクレジットカードを保有し使用して来た私が感じる事なのです。

ここからはその理由を書いてみます。

無理をしてクレジットカードを保有するのは禁物だ!

例えば私は以前、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを保有していたのですが、解約しました。

その理由は、年会費が高かった事(33480円)です。

これは通常の年会費一万円程度のゴールドカード三枚分の金額です。

どうしても、この金額の価値を感じなかったんですよねー。

だから解約してしまいました、私には分不相応だったのかもしれません・・・

それ以外にもカードの枚数にも気を配っていないといけません、気がつくと年会費が膨らんでいたという事も有りますので気をつけましょう。

かくいう私もちょっとカードのリストラを検討しております。

クレジットカードの退会の方法って何気に分かりにくいよね / ゼニナル

無理をして持つほどクレジットカードには価値は有りません。これはクレジットカードの魔力に打ち勝つ為にも覚えておいた方が良いですよね。

じゃあ具体的に最強のクレジットカードとは?

medium_3111994108

photo credit: Lorenia via photopin cc

もし私が一枚だけクレジットカードを残せと言われれば、間違いなくANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)を残します。

SFCについては今まで多数書いてきましたので過去記事をご覧頂けますと幸いです。

スーパーフライヤーズカードを取得したい方に捧ぐ!私がANA SFC修行した時の話 / ゼニナル

別にSFCでなくとも、一枚だけクレジットカードを持つならゴールドカードを持つというのが私の持論です。

これはステータスとかそういう事ではありません。

やはり年会費無料のクレジットカードより優位な点が多いからなのです。

私が考えるゴールドカードの優位点としては

  • 空港ラウンジ利用
  • カード付帯の保険
  • 利用限度額

この三つです。

例えば空港ラウンジ利用はゴールドカードでないカードでは基本的に出来ません。

カード付帯の保険は、一番重要な傷害治療費用がゴールドカードは高いです。いざという時にきっと助かるはずです。

利用限度額に関しては言うまでもなくゴールドカードの方が年会費無料のカードより金額が大きいです。これは色々と嬉しいです。大きな金額を決済する時に助かります。

以上の三点を私は重要視しています。そういう点で三井住友カードを信頼していますし、ANAのSFCを三井住友VISAブランドで保有しています。

まとめ

大げさなタイトルをつけましたが、結局クレジットカードは個人個人のライフスタイルに合わせて利用するものです。

ここに書いた記事の内容は、私と同じような30代から40代男性に向けて書いているとも言えます。

ですから別にゴールドカードを使えという事ではないのです。

もっと若い人は、年会費無料のカードが合っているかもしれませんし、50代以上で裕福な方はダイナースプクラブレミアムカードや各種プラチナカードを持つのが良いかもしれません。

最強のクレジットカードは自分に合ったカード!そしてそれを決めるのは貴方!これが私の結論です。

だから私はダイナースプレミアムの申し込みをしませんでした(笑) 

ダイナースプレミアムカードのインビテーションが来た件 / ゼニナル

こういう本ってついつい買っちゃうんですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする