ロジクールのM570tをレビュー!一度使うとやめられなくなる名機だ!

最近、自宅のデスクトップPCで使っているマウスがどうも調子悪い。

いい加減、物理的にマウスを動かすのも嫌になってきていました。そこでトラックボール型のマウスを購入してみることに!

Amazonのレビューを見てみたところ、ロジクールのM570tが評判が良い。

これは買って実際に試してみるしかない!という事で、早速注文!

久々の新しいマウスなので若干テンションが上ってしまっている管理人です。

今回は、ロジクールのM570tを徹底的にレビューしてみます!

スポンサーリンク

M570tを購入!操作感や感度などはどう?

M570t

今回、M570tを購入したのはAmazonです。

ほぼ最安値で4000円台でしたので、少し高いなとは思いつつも購入しました。

マウスとしては4000円以上するものを購入するのは初めてですので、「もし良くなかったらどうしよう」という気持ちは正直ありました。

ただかなり長い時間をマウスを使っているので、導入してみるしかない!と思って購入しましたね。

M570tの付属品

ロジクール M570t

パッケージからとり出すとマウス本体と、レシーバー、簡易的な説明書、保証書などが入っていました。

もうおなじみのロジクールのレシーバー(Logicool Unifying)は一度の何台もの機器を接続できる優れものですよね。

今のところキーボードは有線のものを使っていますが、ロジクールの製品を購入するのであればこのレシーバー一つで済むのはありがたいですね!

M570t本体は、やはりトラックボールが独特のカラーで印象的です。確実にこれ使っているとできそう感が出ますよね!

M570tの大きさ

M570t ロジクール

購入して実物のM570tを最初見たときは「でかっ!」と感じました!

マウス本体としてはかなり大きいです。

今まで使っていたのが同じロジクールの有線マウスだったのですが、およそ2倍程度の大きさです。

まあ一言で言うと馬鹿でかい!といった感じですが、物理的にマウスを動かすわけではなくなるので大きくても差し支えはないという印象ではありますね。

電池について

M570t

M570tは電池を入れて使うタイプのマウスになります。無線式なので当たり前なのですが、単三電池を使用します。

なんとM570tは新品の単三電池で18ヶ月間ももつという省エネ性らしいのですが実際には使い始めたばかりですので正直まだわかりませんが、使っている知人に聞いてみたところ1年以上電池を交換していないと言っていたので本当みたいですね!

付属で最初から単三電池が内蔵されていたのですが、私はエネループを愛用しているのでエネループに交換しておきました。

レシーバーは電池の蓋部分をあけると内蔵できるようになっており、持ち運びする際には便利です。ロジクール製品は主にこのような作りになっていますよね。

ただ、管理人は据え付けで利用するので、レシーバーを内蔵することはなさそうです。

本体裏側には、電源のスイッチとすべり止めのゴムも装着されているので机上でガタつくことなく利用することができます。

M570tのボタンについて

ロジクールM570t

M570tのボタンは4つです。

クリックボタンが4つで通常のマウスと同じ感じで使用できます。

画像右側にある2つの拡張ボタンはデフォルトでは進む、戻るが割り当てられており非常に便利にしようできますし、SetPointというロジクールのソフトをインストールすることで他の動作を割り当てることもできます。

SetPointを導入しておけば、スクロールやポインタのスピード、電池残量なども一目で確認できるのでぜひ導入してみることをおすすめします!

さらにSetPointは電池残量の通知もしてくれます。そろそろ交換しないといけないよ!というのも画面上で教えてくれるので、ある日突然マウスが使えなくなるというのも防いでくれますね。

トラックボール部分のお手入れも可能

M570t トラックボール

M570tの裏側を見ると、電池を入れる部分の隣あたりにトラックボールが見える部分があります。

ここから指や棒などを突っ込んでトラックボールを押すと、トラックボールを外すことが可能です。

お手入れ時にはここからトラックボールを外しましょう。

M570t お手入れ

トラックボールを外すと、このようになっています。

ボールを受ける部分ですね。

ここに汚れなどが溜まってくるので定期的に掃除しておくことで、トラックボールの感度を保つことができます。

M570tには3年保証がついている

まだ管理人は使い始めたばかりなのですが、どうやらこのM570tはクリックボタンが壊れやすいらしいです。

ここがすぐに壊れてしまった・・・というレビューもAmazonでは見かけます。

しかし、3年保証がついているのでいざ壊れてしまったときには、サポートセンターに連絡して無償で交換してもらうのが良いでしょう。

わたしも3年以内に壊れてしまったら保証を使ってみようと考えています。

もしそれ以上使って壊れてしまったら諦めて新しいのを購入します。マウスは消耗品ですしね・・・

M570tを使ってみての感想

管理人はWindows10を使用しているのですが、最初に使うときにはレシーバーをさすと勝手にドライバーがインストールされたようですぐに利用できました。

特に設定などは必要なく、SetPointをすぐに導入して個人的に使いやすいように設定しておきました。

使い勝手としては今までのように机上でマウスをガタガタ動かす必要がなく、手が疲れにくいという印象です。ただまだ使いはじめて間もないので慣れるまでは少し大変かとは思っています。

追記:1週間程度使ってみると、もう手放せない!というほど馴染んできて普通のマウスには確実に戻れません。これがよく聞くトラックボールの魅力なんだなって感じています。

操作感もいうことなしですし、感度もよくストレスを感じさせない滑らかな動きです。

はっきり言ってヤバい!ですね。。。

まとめ

購入する前は少し高いと感じてしまったロジクールの「M570t」ですが、実際に使って見るとその魅力に取り憑かれてしまいました。

価格も高くはありますが、それほどでもなく操作性、手の疲労感の減少などを考えるとこの製品は買い!だと感じます。

実際にレビューしてみて感じるのは、今までのマウスでかなり消耗していたんだなあという事です。

毎日、手が疲れる、肩がこるなどと思っていましたがM570tに変えたことでかなり改善されたのでストレスも減りました。

もちろんすべての方に当てはまるわけではないと思いますが、最近購入したものの中でもM570tは大ヒットだった!ということは間違いないですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする