マクドナルドではEdyやWAONなどの電子マネーが使えるので絶対に使うべし!

スポンサーリンク

最近、続々と閉店が続いてしまっているマクドナルドですが、便利なので日本でも海外でも気軽に利用してしまいます。

特に関空のマクドナルドは、空港に長い時間滞在する時には、コンセントも有りますし重宝しております。

関空での時間の潰し方!夜中に到着してもマクドやコンビニが空いている
関空には国内の空港としては、かなり多いショップが有るのですが当然夜中はやっていません。 飲食店などは軒並み閉まっていますね。いつもなら1階の国際線到着出口付近でスタバを利用するのですが、当然夜中だと閉まっていますね。

そんなマクドナルドですが、私はほとんど現金でハンバーガーやコーヒーを購入しておりません。

スポンサーリンク

マクドナルドで現金支払いすると損?電子マネーで支払うとポイントやマイルが手に入りますよ

マクドナルド 電子マネー

マクドナルドで購入する場合には、電子マネーを利用する事が出来ます。店内で購入する時にも、ドライブスルーでもどちらでも利用出来ます。

私は普段マクドナルドを、ドライブスルーなどで利用する事が多いのですが小銭を出すのが面倒だったり財布にお釣りを入れたりするのが面倒だったりするので、電子マネーは便利です。

でも、そういう事の為に電子マネーで支払いをしている訳ではありません。

ただ単にマイルが欲しい!その為の電子マネー支払い

マクドナルド 電子マネー マイル

結局、私はマイルを貯める為に電子マネーで支払いをするのですが、マクドナルドはそんなマイラーにとって非常に助かります。

何故かというと・・・

楽天Edy、WAON共に利用出来るからなのです!

つまりどういう事かと言うと、ANAのマイルを貯めたいのならEdy機能搭載のANAカードで、JALのマイルを貯めたいのならWAON搭載のJMBカードで、支払えば良いのです。

JMB WAONが唸りすぎる!私は最近決済のほとんどをこれで済ましています
今まで私は、ANAカードに搭載されているEdyを利用していました。もちろん今でもEdyを利用してはいるのですが、私の生活パターンを考えるとWAONを使う方が良いという事に気づきました。 特に私がWAONを使う店は以下です。
すき家でも電子マネーが使えます!EdyでANAマイル貯める方は必見
さて、最近になって俄然使える店舗が増えている電子マネーですが、あの「すき家」でも使えます。色々と騒動の有った「すき家」ですが利用頻度の高い方も多いと思います。

200円につき、1マイルが貯まるので塵も積もればという訳です。

まだまだ現金で支払っている人を沢山見るけども・・・

私の場合は、マイルを貯める事にしか興味がないのでポイントはあまり考えておりませんが、どちらにしても現金で支払ってしまうと損をしています。

マクドナルドではクレジットカードでの支払いは出来ませんので、マクドナルドアプリを利用してクーポンで、商品を購入して電子マネーで支払いをするのが一番お得な方法だと思います。

結構、年間で考えるとマクドナルドに行く回数って馬鹿に出来ないので、コツコツと電子マネー支払いするだけでも、マイルが増えるんですよね。

小さな金額だと思っていても、その積み重ねが大きなマイルとなって返ってくると私は信じています。

まとめ

もし、マクドナルドで電子マネーが使える事自体を知らない、ANAマイルやJALマイルを貯めている方や、電子マネーでクレジットカードのポイントを貯めている方が居れば、今日からでも実践してみて下さい。

当ブログでは、日常の小さな金額もなるべくクレジットカードや電子マネーで支払いをして、一年に一度の旅行をマイルで楽しむというのをテーマとしておりますので、他の記事も見てみて下さいねー。

マイルを貯めるとどんな事が出来るの?色々な事にマイルは使えますよ
そんな私のANAマイルですが、最近またモリモリと貯まっております。 今回はどうすればマイルがどんどん貯まるのか、またそのマイルを利用するとどんな事が出来るのか?など書いてみようと思います。
飛行機に乗り続けるマイル修行とは何なのか?何故やるの?
当ブログで、度々触れる『修行』ですが、実際のところどういう事を指すのか? そしてなぜ修行をするのか? なぜ時間もお金もかかる事を、わざわざする人たちが居るのか? 私の意見も交えながら、『修行』について触れてみましょう。
マイルの貯め方!効率よく上手に貯めるには?
飛行機に乗るのが大好きな@zeninarucomです。 飛行機に乗る人も乗らない人も、マイルを貯める事が可能なのですが具体的にどうすれば貯まるのかが分からないという方も結構いると思うので、今回は全くマイルを貯めた事が無いけど、これから貯めたいという方向けに分かりやすく書いてみます。
タイトルとURLをコピーしました